2024年6月 5日 (水)

「夜高とジャズと珈琲と」Part2 開催

今週末、6月7日(金)、8日(土)津沢夜高あんどん祭りです。
当店は例年通り、両日共に別館「月あかり」を無料休憩所に開放し
珈琲を振る舞います。
8日(土)にはジャズライブを開催致します‼️
「夜高とジャズと珈琲と」Part2
Jpg-miccyann
①午後8時〜
②午後9時〜
③午後10時〜
1回各30分の3ステージです。
素敵な3人が織りなすハートフルなステージをお楽しみ下さい。💕
※能登地震の募金箱を設置致します。
出演
中本美智子(vocal)
福井直秀(flute)
木村郁絵(piano)

| | コメント (0)

2024年6月 4日 (火)

浜田真理子with Marino ライブ終了


浜田真理子with Marinoライブ、(能登地震支援ライブ)
大勢のお客様にご来場頂き、無事終了致しました。
今回は浜田さんからの意向でプロの撮影も入りました。夢の様です。
未だ夢から覚めやらぬ状態でで・・・・
魔法をかけられたように心地良い余韻の中におります。

ライトラップされた庭園、お二人の演奏に耳を傾ける観客。盛大な拍手!
今やCD、TV、iPadや携帯からBluetoothでスピーカーに飛ばしても
かなり良い音で音楽を愉しむ事は出来る・・・・・でも、
ライブの良さは何と言っても出演者と観客の一体感‼️



ある時は静かに、ある時は声を出して、手拍子して、身体を揺らして・・・・
同じ空間に多種多様な価値観を持つ人々が集い、
演奏者からのダイレクトに響く音楽に身体を委ねる「特別なひと時」。

浜田真理子さんの歌声に出会ってから15年!
まさか、まさか、我が家で歌って頂ける事があろうとは!奇跡です‼️
私は人生の大半の幸運を使ってしまったかもしれない。(でも満足💕


見出し画像

4人、チェス、テキストの画像のようです


サックスのMarinoさんはレコードがお好きらしく、演奏前、
応接間で雑多に入れ込んだ箱の中から偶然テレサテンの
「つぐない」を手に取られたので「夫が大好きな曲です」と私が話すと・・・
なんと!ライブの中で真理子さんが「皆さん、一緒に歌いましょう」と、
まかさのサプライズ‼️
私が初めて真理子さんの曲を耳にした「しゃれこうべと大砲」も歌って下さり大感激‼️
夢うつつの内に終わりました。

お二人は我が家にお泊まり頂き、夜中まで気さくに色々なお話もさせて頂けました。
お昼近くまで滞在されMarinoさんは朝も起き掛けにレコード聴いてて・・・・
「近くなら毎日来たい‼️」と嬉しい事も言って下さいました。
若い方がレコードの良さを解ってくれて夫の喜びようと言ったら・・・・笑

画像


約5年ぶりの本格的なライブ。年とった分、準備は大変でしたが、
息子・娘も手伝ってくれて家族の結束の固さを実感出来ました。

ライブには更に嬉しいサプライズがありました。
浜田さんが知人のカメラマンに当店の事を「とても素敵な老舗だよ」と話されたところ・・・・
急きょ撮影が入る事になったのです!
わざわざ東京から機材を積んで来店され、カメラ6台をセットし撮影されました。
後で浜田さんからお聞きすると・・・・
NHK「情熱大陸」「美の壺」「車窓の窓から」を担当されている
凄いカメラマンさんとの事でした。
撮られた映像を私が目にする事があるのかどうか判りませんが、
(プロダクションの括りがある様です)
もしかしたらYouTube・にもアップさるかもしれないそうです。


・・・・・私は不思議と、時に雲の上のような方とご縁が繋がる事があります。
夫と出会ってから43年。
商売も含めてずっと波瀾万丈だけど・・・・
不平不満を言いながらも続けてきたら、時に神様は思わぬギフトをくれる。
「縁」を繋ぐ「ゆかり」と言う名前を付けてくれた両親のお陰かな?とも思う。

人生の時間は有限。
毎日を大切に生きてゆこう。



2人の画像のようです


浜田真理子さん、Marinoさん、素晴らしいひと時をありがとうございました。

能登地震義援金
173,000円
輪島磯入組合
海女クラブに寄付致します。
参加頂きました皆様、ありがとうございました。



浜田真理子さんが御自身のブログで当店の事を沢山書いて下さいました。
是非お読みください。

 

| | コメント (0)

2024年5月15日 (水)

浜田真理子ライブwith Marino

夢が実現する事ってあるのですね・・・・
5月19日(日)当店にて浜田真理子さんのライブを開催致します!

真理子さんの歌声を初めて聴いたのは、2008年にNHKドラマスペシャル
白洲次郎の中で歌われていた挿入歌「しゃれこうべと大砲」でした。
終戦後、流暢な英語を武器にGHQと渡り合い、「従順ならざる唯一の日本人」
と呼ばれた白洲次郎を主人公としたドラマですが・・・その中で、野ざらしの中、
大砲の上のしゃれこうべが淡々と回顧録を呟くと言う悲しい歌なのですが、
曲はのんびりと明るく・・・・でも聴き終えた瞬間、胸を締め付けられました。
その後、浜田真理子さんというシンガーソングライターの存在を知り、
以降、私はすっかりファンになり、車の中で流れているのを何気に聴いた娘も
ファンになりました。
2年前、娘が金沢もっきりやで開催されるライブを見つけてくれ、
初めて生の歌声を聴く事が叶いました。

ライブの後、気さくに話をして下さる中で、全県ツアーの還暦プロジェクトを挙行中の最中で、
「富山でライブが出来る場所を探している」と知りました。
それを聞いたKさん(ライブが始まる前、外で並んでいた時知り合った方)に
「言いなさいよ~」と背中を押され、少し当店の事を話しました。
 
その後、真理子さんご本人から「是非ライブをやらせて欲しい」と
信じられないメッセージを頂きました。
あの時、娘がもっきりやのライブを見つけてくれた事!
Kさんが背中を押してくれた事!・・・・
すごい奇跡が重なって当店でのライブが実現する事が叶いました。
真理子さんは能登地震の際も気遣ってメッセージを下さいました。
そして「今回のライブの収益を全額、能登に寄附して欲しい」と
信じられない提案を頂きました!
浜田さんが自身のHPで、私がFBで告知してから僅か3日で40名のチケットは完売しました。
ブログに書く暇もなく会場設営に忙殺されましたが、
夫が手前大工で今回の為だけに床を上げてくれました。
素晴らしい1日になりますよう。
Photo_20240515231901

浜田真理子さんHP

| | コメント (0)

2024年2月21日 (水)

魚政亭の成り立ち

コロナ以降、久しぶりに大型バスが駐車場に停まりました。




福井からのバスツアーのお客様の昼食です。
HPや私のブログを読んでご予約下さったそうです。
最終打ち合わせ頃に「来店の際、皆様に魚政亭さんの歴史を紹介して欲しい」と言われ、
急遽〜魚政亭の成り立ち〜なるものを作成してみました。
夫や亡き舅姑、また親戚に聞いていた話をまとめたものですが・・・・・
改めて98年の間、色々な出来事があり沢山の人々との関わりがあり、
今日までやってくる事が出来たのだと感慨深いものがありました。

Photo_20240221170601
以下、紹介します。



「魚政亭の成り立ち」  


魚政亭は大正初期、初代政吉が魚の行商を始めたことからはじまります。
政吉は商売の才覚があり、町の人々からも信頼される人物だったようです。
大正15年、現在の地に「魚政亭」の看板を挙げ、
本格的に料亭として営業を開始しました。
当時はこの町にも置屋があり、連日芸子さんを呼んでは三味線と
太鼓の音色が響き、大そう賑やかだったようです。
その後、太平洋戦争中(昭和16年~昭和20年頃)は
一時的に現在の旧館2階が軍事工場として使用され、
飛行機部品の一部を製造する傍ら、統制経済の中、
魚の配給元に指定され、町の人々の食生活の一端も担いました。


終戦後、昭和30年頃から、冬場になると海に潜れない海女さん達が、
能登半島(輪島や舳倉島)から当店へ出稼ぎに来ていました。
多い時は住み込みで10人程働いていたそうです。
昭和48年、二代目政一は大きな宴会場を備えた
鉄筋3階建ての店舗を建設。併せて当時評判の作庭家に依頼し、
池を掘り、大々的に庭のリフォームを実施しました。
政一は美への探求心が強く、自身も南画家として活躍する一方、
骨董や掛け軸を熱心に収集しました。
宴会場には鈴木松年(美人画で有名な上村松園の師匠)による六曲二双の屏風、
床の間には季節に合わせた軸を飾りますが、時に政一が描いた掛け軸もお目見えします。
旧館には人間国宝、濱田庄司の花瓶、一階ラウンジの棚には
豪華な装飾が施された輪島塗による蒔絵椀をご覧いただけます。


現在は三代目である夫が亭主でございます。
夫は約25年前、日本の伝統文化の素晴らしさに目覚め、
古くなってゆく家屋や館内を手前大工によりリフォームを開始しました。
目指したのは「大正浪漫の雰囲気を壊さず残しつつ、お客様が安らげる空間」。
テーブルを手造りし、館内の部屋全てを椅子席に変更しました。
更に庭のライトアップや館内の照明にこだわり、自分の目で収集し、
時には照明さえ手作りしました。
音楽も好きで旧館一階では今も昔のレコードを聴く事が出来ます。


御料理は季節の自然な素材を用い、身体に優しく
安全な食事の提供を常に心掛けております。
店は町中にあり周囲には絶景もありませんが、
敷地の中だけでも魚政亭ワールドを創りたいと夫婦で工夫してきました。
当館で過ごすひと時が掛け替えのない「時」となりますよう
これからも精進してゆきたいと思います。

      

| | コメント (0)

2024年1月18日 (木)

2024年も頑張ります!


元日の悪夢から既に半月が過ぎました。
被災地(車で行ける近場をこう呼ぶのも違和感を感じますが、)
沢山の企業団体、芸能人、アスリートの方々などから
多くの義援金や救援物資が続々と能登に届いている様です。
日本人って何て素晴らしいんだ!とつくづく思います。


輪島に実家があり、地震の翌日悪路を数時間かけて辿り着き、
ご両親や親戚全員を此処へ避難させた友人が近所に住んでいます。
昔、当家で働いて下さっていたという縁もあり、
我が家(主に夫)は、せっせと料理を作って差し入れています。(これも細やかな支援?)


ズタズタになった能登ですが、少しずつ人々は前を向き動き出しています。
また美しい能登半島を取り戻せますようにと、願わずにはいられません。



魚政亭は地震の影響もほぼ無く、通常営業しております。
ただ、当然ながら市場へ行っても能登から入っていた地物の鮮魚が無く、
遠方の魚で用意するのですが・・・・やはり鮮度が落ちます。
仕方がないのですが寂しいです。

大変な状況のではありますが、
精一杯頑張って参ります!



本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

| | コメント (0)

2023年9月 6日 (水)

塀、完成!


夫、先日の駐車場後ろの柵に続き、
猛暑の中大奮闘!隣家との間の塀を完成させました。

Jpg111_20230906094501 
いつもながら納屋にある材料を使用して作るべく、
まずは使える木材をガサガサ。
昔、実家の父から貰ったと言う太い欅の角材を支えの柱にするべくカット〜
地面に柱を支える束石コンクリート固定〜その上に柱を建てる〜

Jpg5555666_20230906094501



糸で水平を出す〜柱を連結し全体の枠組みを作る〜屋根を作る(下地シート張る)〜
壁面に板を止める為の下地作り〜板張り〜屋根にプラニウムを加工して施工
・・・・・ザックリですがこんな感じ。
意外に早く完成?と思いきや、ここから夫のこだわりがスタート。
上の空間部分に持っていた板を器用にジグソーでくり抜き、
自作の欄間を作り取り付けました。
凄く雰囲気良く仕上がりした。
888_20230906094601

猛暑の中、仕事の合間によく頑張ったと思います。
今後、お隣の奥さんと洗濯を干す時に目が合って、
お互い気まずい思いをせずに済みます。

お疲れさまでした。

 

| | コメント (0)

2023年7月31日 (月)

車止めの後ろに柵が完成!

ようやくですが、駐車場の車止めの後ろ(お隣との境)に
簡単な柵が完成しました。勿論、夫の施工!
Jpg222_20230731144301
左右には白でラインが引いてあるのでですが・・・・
時折(主に高齢者や女性)が、車止めの間をすり抜け
何度か隣家の壁に激突しそうになった事があり、
私は早くから設置を望んでいました。
ようやく夫が動いてくれ、なるべく費用をかけずに自分で出来るものに・・・・と、
コンクリート製の柱なるモノをホームセンターで購入。
あとは家にあったアルミの端材を横に渡しました。
333 Jpg555_20230731144301
安価ですが、しっかりガードの役割を果たしそうです。
そして!それが済んだら、小庭の横に塀を作るそうです。
夫の作業はまだまだ沢山ありそうです。

 

| | コメント (0)

2023年7月29日 (土)

花壇畑の収穫で

初心者の花壇畑も徐々に野菜たちの収穫を迎えています。
特筆すべきは脇芽がドンドン出てきているバジル!
33 Jpg55_20230729131301
両手いっぱいに摘んで、
オリーブオイル、ヒマラヤ岩塩、黒胡椒、粉チーズと共にフードプロセッサーへイン!
手作りバジルソース(ジェノベーゼ)の完成です。
そしてこのソースを手作りパンに塗り、
これまた自家製の鶏ハムを加え、上から追いバジルを散らし、
とろけるチーズをのせてこんがり焼くと、、、、
Jpg666_20230729131301 8888
自画自賛ですが、家族も驚くウハウハうまうまのピザトーストが完成しました!!
今度はパスタも作ってみようと思います。

 

| | コメント (0)

2023年6月 2日 (金)

2023 津沢夜高あんどん祭り

今日6月2日(金)、明日3日(土)津沢あんどん祭りが開催されます!




Jpgmaturi888
しかし、、、明日は梅雨前線が北上し、
北陸地方は局地的に雷を伴った激しい雨が降るとの予報です。
Jpgmaturijpg7774444
6666
コロナも5類となり、
久しぶりに盛大に開催出来ると皆んなが張り切っているのに・・・・
それでも2日目の土曜日は持ち直すようなので、
お出掛けの方は土曜日が良さそうです。

私達が16年前に津沢こども園に寄贈した「ちびっとあんどん」の練り歩きも
「残念ながら中止する」と、連絡がありました。
楽しみにしていた園児達が可哀想ですが仕方ありません。(泣)

当店は例年どおり別館「月あかり」を無料休憩所に開放し、
夕方5時頃からセルフサービスで珈琲を提供致します。 
当店主催のライブ等はありませんが、
ピアノの先生をしている知人から「少し場所を借りたい」との申し出がありましたので、
ラッキーな方はピアノ演奏をお聞き頂けるかも?です。

777
毎年の事ですが、事故なく怪我人なく、無事に祭りが終わる事を心から祈ります。

| | コメント (0)

2023年5月23日 (火)

夫、庭を造る


4月初め、お向かいのお宅の庭園が解体された折、家人から
「何でも好きな物を持って行ってもいいよ」と言われ、
大きな石を10個程と小さめの灯篭を1つ戴きました。
勿論、解体しておられる業者さんに重機で運んで頂き、
空いたスペースに適当に置いてもらいました。

さあ、そこから夫の庭作りに火が付きました!・・・・が、
石は小さくても重いのなんの!
灯篭に至っては大の大人3人でも上の傘も動かない!
いや、これマジ大変でしょ?下手したら大怪我するでしょ?本当にやるんですか?(私の心の声)
Jpg333_20230523140101 Jpg222

勿論、今更何を言ってもやめないのは分かっていますが、
私は腰・肩の不安があり手伝えません。
兎に角、怪我をしないよう気を付けて!と、祈りつつ見守りました。

仕事の合間の時間を使って構想を膨らませ、少しずつ黙々と作業を進める夫。
重い石や灯篭はテコの原理を使ったり、型枠を作ったり・・・・
知恵を総動員して作業していました。

Jpg555
Jpg111 Photo_20230523140101
そして、、、
昨日、完成しました!後ろのSさん宅の庭が借景となり、
夜ライトアップすると本当に美しいです。よく頑張りました!
あとは少し手前もライトアップしてベンチも置くそうです。
お疲れ様でした。

666

| | コメント (2)

«夫、教育委員会から表彰されました