2017年9月18日 (月)

鯉が恋して「愛」誕生♥

我が家には、上と下に分かれている2つの池があり、

鯉は上の池だけで飼っています。

(常にサギが狙っているので、しっかり網が張ってあります)

Img_4287

以前は両方に鯉を泳がせていましたが、

下の池には冬場、雪を入れ込んで融かしているので、

普段は水が溜めてあるだけ・・・・・・

よって夏場は暑さですぐに水がぬるみ

藻やオタマジャクシが大量発生するので、

定期的に水を抜いて掃除をします。

 

 

少し前のコト、

「しばらく池の掃除をしていないなぁ」

・・・・・・と思いつつ、下の池を見ると・・・・・・

季節はずれのオタマジャクシがウジャウジャいてビックリ!

足も生えてきています。

(おそらく全部カエルになると数百匹でしょう!)

「うわぁ~」\(o)/!

 

すぐさま排水の筒を外し、大量のオタマジャクシを

川へと続く排水路へザザーッと流していた時のコト・・・・・・。

なにやらスイスイ泳ぐオタマジャクシとは違う生き物を発見!

よくよく見ると、な、な、なんと、

小さな鯉が元気よく泳いでいました!

Img_4246

どうやら今年の夏場に〝鯉が恋〝をしたようで・・・・・

二人の・・・・もとい!二匹?の「愛の結晶」が誕生したようです

慌てて排水を中止し、網でそっとすくい上げました。

Img_4261

模様から察するに

時々、石の隙間から下の池へと脱走していた

金色の鯉の稚魚と思われます。

こんな珍事は鯉を飼い始めてから初めて!

まだ4~5センチ位ですが、

大切に成長を見守りたいと思います。

大きくなぁれ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

花の四期会「風の盆ツアー 2017」

先日、主人の母校、

「国立沼津工業高等専門学校」時代の旧友の皆さま、総勢9名が

二泊三日で我が家を訪ねて下さいました!

Img_4244_3

北川さん、櫻井さん、鈴木さん、疋田さん、藤波さんは

前回、約45年ぶりの再会後、5年ぶり、

http://uomasatei.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-8719.html

 

山口さんは昨年箱根で・・・・・感動の再会。

http://uomasatei.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-23de.html

笠井さん、高橋さん、牧野さんとは約半世紀ぶりの再会です!

 

数日前からの主人のはしゃぎようは、

傍で見ていてもまるで子供のよう。(笑)

「何処へ案内しようか?お土産は何がいいかな?」等など・・・・・

地図を片手に井波~城端~金沢と・・・・リサーチもしておりました。



今回〝様々なオプションの選択が可能〝との理由から、

「エエーッ、それは悪いよ~!」と、強く、激しく遠慮する皆さまに

半ば無理やり当家での宿泊を提案(強要?)

40畳の宴会場にて、合宿さながらに雑魚寝をして頂くという、

手加減無しの私流のおもてなしを実行させて頂きました。(笑)

Img_4227

 

9月2日(土)午後3時過ぎ、

新幹線やマイカーにて、東京、神奈川、静岡等から

懐かしい旧友の皆さまご来店!

「いらっしゃい、久しぶり、いやお互い老けたな~・・・・」

旅の疲れは何処へやら・・・・・・満面の笑顔がはじけました。




Dsc03216

Img_4326


一旦、家に入ってお茶を飲んで頂いた後、

皆で 福光温泉「ぬくもりの郷」で汗を流したのち、

中華料理「青龍」で宴会。

山口さん持参の高級そうな紹興酒を皆でグイグイ飲み、

大いに呑んで語り、盛り上がったそうです。

(私は行っていないので主人談)

Dsc03221

我が家へ帰宅後は主人の提案で

仲良しの大道知子さんにピアノ演奏を依頼。

Img_4333

Img_4329




「エッ、観客は僕らだけ?」

「うわ~、贅沢」

 

いつもながら美しく軽快な知子さんのピアノ演奏。

ビールとおつまみで、二次会スタート~♪

・・・・・・・と、ここで私からのサプライズ遂行。

 

〝おそらくは気分が高鳴り校歌を歌うであろう〝・・・・・・・との予想から

知子さんに校歌の伴奏を依頼するべく、

数日前に勇気を出して沼津高専事務局へ電話。

理由を説明し、校歌の楽譜をメールで送って頂き、

すぐさま知子さんへ転送。

大きな文字で校歌を印刷した歌詞カードも用意しておきました。

Dsc03226

そのタイミングは意外に早く、

満を持して知子さんが伴奏すると・・・・・・

一同「エエッー!?」  と、びっくり顔。うふふ♪

訳を暴露し、改めて校歌斉唱。

誰とは無く起立し、声高らかに懐かしい校歌を歌う様は

傍らで見ていて・・・・とても感動しました。


Photo

Img_4341



すぐさま動画をYouTubeにアップ。

https://www.youtube.com/watch?v=kpWC7KsPr94

皆さん、とても喜んで下さり、私も嬉しかったです。

(サプライズ大成功


Img_4343

翌日は富山県が誇る霊峰立山へ。

弥陀ヶ原では霧がかかっていたそうですが、

室堂へ到着と同時にパァーっと雲が晴れ、

スッキリと雄山を見る事が叶ったそうです。




Dsc03253

Dsc03308_2

Dsc03309jpgaaa
Dsc03296

Dsc03295




帰宅後、夜は魚政亭で大宴会後、おわら風の盆へと出発。

主人のミスで道に迷うというハプニングもあったようですが、

風情ある街並みと幻想的な踊りは堪能して頂けたようです。

Img_4238


Img_4348

Img_4235



Img_4347

Img_0673


Dsc03314

Img_0681


この三日間、私まで皆さんの旧友・・・・・

(いえ正確には寮母さんかな?)になったようで、

心の底から楽しかった。

皆さんの底抜けの明るさは・・・・・・
北陸にはあまり無いような気が致します。

もっともっとお一人ずつと、
ゆっくりとお話ししたかったなぁ。

Img_0322

Img_0329

Img_0347

Img_4350

Img_4352

新幹線だと約2時間、車でも5~6時間、

きっとまた訪ねて下さる日もあるでしょう。

自称〝花の四期会寮母さん〝は、いつでも大歓迎です。

 

笠井さん、北川さん、櫻井さん、鈴木さん、高橋さん、

疋田さん、藤波さん,牧野さん、山口さん、(※50音順)

遠い所、本当にありがとうございました。

時折、今回の旅と浅地を思い出してやって下さい。m(__)m

 

 

 

最後に・・・・

美味しいお豆腐を送って下さった亡き旧友、松永(堀池)さまの奥様、

http://www.matsunaga-tofu.com/index2.html

 

楽譜をお送り下さった、沼津工業高等専門学校 総務課 神田さま

私のサプライズを快く引き受けて下さった大道知子さんに

心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

※写真の数々は私が撮ったものと、

旧友の皆さまから送って頂いたものを使用させて頂きました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

「はっぴーママ」に掲載されました!

何故か?最近怖いくらい、ありがたいお話が続きます。

先日の「まんまる」に続いて、

今度は「はっぴーママ」秋号

゛ハレの日ごはんを楽しもう〝に掲載して頂きました!

Img_4217

最初お電話を頂いた時・・・・・、

担当者「あのー、わたくし富山県内でお子さんをお持ちの・・・・・」

てっきり勧誘の電話だと勘違いし、お話の途中で、

「ウチに小さい子供はおりません!」と

電話を切ろうとしてしまいました。(^^ゞ スミマセン(汗)

 

「はっぴーママ」は、

富山県内で子育てに日々奮闘している、

すべての親御さんに贈る

様々な情報満載の子育てマガジンです。

 

今回は七五三を前にした企画に

お声掛けを頂きました。

 

ただ前回の「まんまる」と違って、

掲載写真は私が撮影したものを使用しました。

最初、カメラ好きの娘を拝み倒して撮ってもらい、

なかなかの力作だったのですが、

掲載枠の関係で再度撮り直し・・・・・・・(~_~;)

(時間も無く、仕方無く私が撮影)

紙面を見ると、かなり暗い仕上がりに少しがっかりですが、

何はさておき、

色々なお話が舞い込んでくる事に感謝です。

Img_4218

最近、公私共に色々な出来事が一気に押し寄せ、

日々、おぼれるように

〝やるべきこと゛をひとつずつクリアしている毎日です。

 

8月もあとわずか・・・・・

子供達は二学期がスタートですね。

半分怒りながら、呆れながら

子供の宿題を手伝っていた日々が懐かしく思い出されます。

朝夕めっきり涼しくなりました。

皆さま、お風邪を引かれませんように・・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

まんまる9月号に掲載されました!

本日の北日本新聞に折り込まれている

「まんまる9月号」-大人の午餐-に、

当店が掲載されました。

Img_4061

 

遡るコト・・・・6月、

北日本新聞社営業局制作部、Iさんから

「是非、紹介させて頂きたい・・・・・」と、嬉しい電話を頂きました!

 

7月初旬、暑い中Iさんとカメラマンさんが到着。

取材と撮影を行いました。

色々とお話もさせて頂き、楽しい時間でした。(笑)

 

Img_4063


数日前、封筒で一足早く「まんまる9月号」が届きました。

読みやすい文章、

美しく美味しそうに撮られた写真の数々・・・・・

「うわー、本当にウチ!?

子供達が揃って歓声を上げました!

 

4月に念願の駐車場が完成して以来、

大きな団体のご予約を頂いたり、

雑誌の取材依頼が舞い込んだり・・・・・・

何だかとてもいい風が吹いてきているような気がします。

 

冊子を見て、読んで、

期待してご来店下さるお客様をガッカリさせないよう、

なお一層気を引き締めて参ります。

 

 

じつは・・・・今月はもう一つ

「はっぴーママ」秋号(825日発売)の

「ハレの日ごはん」にも当店が掲載されます。

 

健康があり、仕事がある。

幸せなコトですheartconfident

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

県内寺社巡りツアー

この度、北日本新聞社S様からの依頼で

「県内寺社巡りツアー」の昼食をご予約頂きました。

Photo_3

先日26日(第一弾44名様)、昨日28日(第二弾46名様)

無事、滞りなく提供させて頂く事が出来ました。

 

正直、お話を頂いた時・・・・・・

私達夫婦のキャパを越える人数に困惑しました。

「やれるのかしら?」

 

ゆっくりと御料理をお出しする会席料理と異なり、

昼食の時間は約1時間。

やもすれば遅れて来店された場合は、

昼食の時間を削り時間調整・・・・・というコトも考えられます。

 

加えて一番の心配は連日の猛暑!(~_~;)

既に学校も夏休みに入ったというのに、

未だ梅雨明け宣言されず・・・・・毎日シトシト雨が降り

食中毒注意報が発令されそうな、ジメジメとしたお天気が続いています。

 

料理屋ゆえ、

〝安全で美味しい御料理〝を提供するのは勿論ですが、

今回は神経質な程、゛安全゛に最新の注意をはらいました。

 

宴会場は前日からエアコンを付けて、館内全体を涼しく・・・・

(なにせ古い日本家屋ゆえ、隙間だらけ・・・

なかなかエアコンが効きません)(-_-;)

 

炊き合わせは食材にしっかりと火を通し、すぐさま冷まし冷蔵庫へ!

盛り付けの際は入念に手を洗い、手袋をはめる。

また、エアコンの風で料理が乾燥しないように、

配膳した料理には御膳掛紙をしっかりかぶせる等など・・・・・・・。

 

 

今回、頼りのスーパーMさんが旅行中で

Sちゃんは来てくれたものの手が足りず、

実家の姉まで手伝いに拝み倒す始末。

それでも何とかカントカ滞りなく食事を提供する事が出来ました。

Img_4018

 

来店された皆さまからは

「美味しかった、風情があって素敵、また来たいわぁ」等など、

嬉しい言葉を沢山かけて頂きました。

 

今回の仕事をこなせたコトで、

大きな不安が大きな自信に変わりました。

Img_4023

じつは駐車場が完成した4月頃から

今回のような大きなご予約や雑誌の掲載等、

嬉しい依頼が次々舞い込むようになりました。

(o)/!

 

嬉しいなぁ、

何だかいい風が吹いてきているような気がします。

 

Photo_2

さてさて、次回は9月16日、28日です。

特に28日は60名様以上の大人数!

気を引き締めて頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

人間ドック

8日、九州北部を襲った記録的な豪雨では

多くの方々が家を失い、命を落とし、

依然、行方が分からない方も多数おられます。

 

天災は誰を恨みようもありませんが、

近年世界中で相次ぐ異常気象現象に

「未来はどんな世の中になるのだろう」と、

大きな不安を感じます・・・・・・・。

 

甚大な被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

「命はひとつ、人生は一回・・・・」

私の好きなシンガーソングライター

浜田真理子さんのCD

「聖歌~はじまりの日」の中に収録されている

.教訓1という歌の冒頭が頭をよぎりました。

(この歌は反戦歌ですが、

東北の被災地で何度も歌われています)

https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=%E6%B5%9C%E7%94%B0%E7%9C%9F%E7%90%86%E5%AD%90+%E6%95%99%E8%A8%93&aq=-1&ai=3e5SBEJ0S4OyeE7BMNdXNA&ts=12102&ei=UTF-8&fr=top_ga1

 

 

 

先日、主人と二人で

初めて「人間ドック」(日帰り)へ行ってきました。

Fullsizerender_2


4月に念願(悲願)の駐車場が完成し、

長男は現在板場修行中・・・・・・・・・・

ハード面では、建物等まだまだ直したい箇所が沢山あり、

ソフト面では、コンサートを含め、

様々なイベントを開催にチャレンジしてみたい!

 

更なる魚政亭ワールドへ夢が膨らんで行く中、

(膨らむのは借入の返済もですが・・・(~_~;)

まず、〝お互いが健康である事が最も大切!〝と話し合い、

5月に人間ドック+脳ドックを予約。

Img_3681

Img_3685

午前中は、身長、体重、眼科、聴力、呼吸器、循環、心電図etc.・・・・・、

午後は「脳ドック」MRIの検査を受けました。

 

最後に医師から大まかな所見を聞き、検査は終了。

 

二人とも大よそ予想通りの事は告げられましたが、

とりあえず大きな病は見当たらなかったようで、

ホッとしました。

Img_3707

Img_3703

昨日、「ドック成績表」が自宅へ届きました。

早速看護士の姉に見てもらったところ、

「二人とも順調に〝老化゛しているね~」

・・・・・・・・と、言われました。(笑)

 

 

いつどんな事が起きるのか?

未来予測は出来ませんが、今少し頑張る事が出来そうです。

Img_3688

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

梅雨

梅雨に入りました。

シトシト静かに降る雨を私は嫌いではありません。

庭の木々たちは「待っていました!」と言わんばかりに

ゴクゴク美味しそうに雨水を飲み干す音が聞こえてくるようです。(笑)


Img_3675_2





しかしながら、50歳も半ばに近づくと、

気候の変動はダイレクトに身体に不調を及ぼします・・・・・・・。

夜半からひどい頭痛と耳鳴りに襲われ、

(じつは長年の頭痛持ち)

カーテンを開けると案の定、どしゃ降り!

憂鬱な朝・・・・・

こめかみを押さえながらソファーに座り、しばらく動けない。

(=_=)

 

Img_3673_4

Img_3679_2




姉が額紫陽花(ガクアジサイ)を持ってきてくれました。
きれいです。
家事を済ませ、雨に濡れた庭を眺めながら
熱い珈琲でホッと一息。

Img_3672_3




あれこれやりたい事、やらなきゃといけない事は沢山あるけれど、

時にはこんな風にゆったりと・・・・・

時間の流れに身を任せるのもいいかもしれません。

皆さまもご無理をなさいませんよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

2017津沢夜高あんどん祭 -ジャズライヴ-

祭り2日目はどうにかお天気が回復。

当夜は大きな宴席があり、厨房は朝から慌ただしい。

 

今宵は沢山の観光客が祭りを・・・・・・そして

当店の休憩所を利用する事が予測され、

サービスの珈琲を、午後、早目に淹れ始める。

2.2リットル入る保温ポット3つを満タンにし、

更に汁物を保温するジャーにポット3つ分。

計、13リットル以上を準備。

 

夕方近く、ライヴの出演メンバーが到着。

順調にリハーサルが始まる。

18892913_804489789732465_56984185_3

6時過ぎ、

毎年祭りになると必ず富山市から多人数様でご利用下さる

T社御一行様をお出迎え。

途中までは御料理もスムーズに出て、いい感じ・・・・・・と思いきや、

ライヴが始まるやいなや、

セルフサービスの珈琲コーナーに人が殺到、

アッと言う間にポットが空に!\(o)/!

 

加えて、宴席会場からもドンドン入るドリンクのオーダー、

淹れても、淹れても、一瞬で空になるポット。

(ドリップで淹れる本格的な珈琲ゆえ、それなりに時間がかかるのデス)

厨房は予想を上回る大戦争状態!

(身体が3つくらい欲しい!)

 

御料理もいささか遅れ気味・・・・・

(わーん、どうしよう!)気は焦るが身体はひとつ(泣)

ところが・・・・・、

今日の宴席会場から見える外の様子はいつもと違う!

Img_4210

威勢のいい掛け声と共に曳き回される〝夜高あんどん〝、

軽快なリズムのジャズ演奏が宴会場に響き、

お客様は「おっ」という感じで、窓から双方の様子を愉しまれていたようです。

(おかげで、しばし時間の猶予を頂けました)

 

中本美智子さん(V)、木村郁絵さん(P)、中山トモさん(b)

3人による素敵なコンサートは12部共に大盛況。

(私は2部の終り頃に少しだけ聴く事ができました)

 

2日間で出た珈琲は約400杯、

クッキー100個、クロワッサン30個は全て完売致しました。

 

祭りも大きな事故無く終わったようです。

(庭や駐車場等、祭りモードにライトアップしたのですが・・・・

すっかり写真を撮り忘れました)(~_~;)

Img_4216

Photo

翌日はさすがに疲労困ぱいでしたが、

言葉に出来ない充実感に包まれました。

来年も更にパワーアップ出来るよう、

一歩一歩精進致します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

2017津沢夜高あんどん祭 -金平町長との再会-

6月2日、初日 

小雨がぱらつく不安定な曇り空・・・・・・・

津沢こども園の園児たちによる

「ちびっこあんどん練り歩き」は園長先生と相談の上、

午後からに変更。

(この判断は正しかった)

Img_3504

Img_3459




急な変更で親御さんは少な目だけど

今年は広くなった駐車場で、

安全に夜高節を歌い、太鼓を披露してもらうコトが出来ました!

 

夜になり、何とかお天気は回復したものの、

6月とは思えない寒さに凍える幼子を連れた親御さんが

次々と暖を取りに当店へ。

(これはこれで無料休憩所の意味はあるようです)


Img_3461

 

夕方になると何とか雨があがり、ホッ・・・・・。

毎年お馴染み、まきたみちよさんの軽やかなピアノ演奏が始まる。

初日の仕事は仕出しのみだったので、

主人は例年に無く来客とゆっくり話す事が出来ました。

 

・・・・・・・・と、市会議員のFさんが息せき切って入って来て

「女将さん、※北海道沼田町の金平町長が見えてますよー!」

「エッ?」

慌てて別館へ走ると、懐かしい金平町長が立って私を迎えて下さいました。

思い起こすと小矢部市制50周年記念式典の折、

沼田町の金平町長他沼田町の一行様を囲んでの懇親会が当店で行なわれ

以来、5年ぶりの再会です。

 

その折、恥ずかしくも宴席でご挨拶をさせて頂いた私の事を

覚えていて下さったのです!

(いやはや・・・・・こんな嬉しい事がありましょうや・・・・・・・)

http://uomasatei.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-e5b6.html

Img_3470

色々お話をさせて頂くうち・・・・・・ピンッ!っと、

不思議青年〝東出君〝の顔が浮かび、

 「是非会って頂きたい若者がいるのです!」とお願いし、東出君に緊急連絡!

 「すぐに来てー!ナウ!」と携帯で叫ぶ。(笑)

あんどん祭りを深く研究している彼。

 (今年も8月に沼田町の夜高あんどん祭りを見に行くはず)

http://uomasatei.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/index.html

 

 

慌てて駆けてきた東出君は、

金平町長を見てすぐに誰か分かったようです。

 (あんどん広場で遠くから町長を見ていて
「話してみたいなぁ・・・・・・」と思っていたらしい)

大そう喜んでくれました。

 

 

 「今年は制作段階からお邪魔したいです」と彼。

 「そっかぁ、それじゃ、来る時は連絡して・・・・」

 ・・・・・という具合に話しはトントンと運び、

 高揚する横顔を見ながら、いい御縁を繋いであげられた事に

 私自身、とても興奮していました。^^;

 

Jpg3333

Photo

 

 







昭和52年、副団長として沼田町へ赴き、

約2週間に渡り、夜高あんどんの制作指導を行なった亡き義父。

その折、制作が行われたのは、

今回金平町長と一緒に見えられた、

商工会長吉住さんのご自宅の倉庫だとお聞きし、またまたビックリ!

おそらく吉住さんのお父様と義父は面識があったことでしょう。

 (義父が生きていたらどんなに喜んだことか・・・・・・)




Photo_2

Photo_3

 

古いアルバムからそれと思しき写真を探し出しました。

沼田町の皆さんと一緒にとびっきりの笑顔を見せる義父の姿。

39年前の写真ゆえ、掲載してもいいでしょう。

きっと吉住さんのお父様も義父と一緒に写っているのではないかしら?




Photo_4


 

息が白くなるほど寒い夜ですが、心はポカポカ

忘れられない「2017津沢夜高あんどん祭」初日となりました。

金平町長様、吉住様、横山様、市議のFさん。

本当にありがとうございました。

 

翌日のジャズライヴの報告は次回で!




※沼田町 北海道のほぼ中央に位置する沼田町は明治15年、津沢出身の沼田喜三郎が
49歳の時、
妻子を残し北海道へ渡り開拓。明治27年に故郷より18戸の移住を勧誘して
「沼田町」の基礎を
築いた。大正11年に村の呼名を「沼田村」(現在の沼田町)と定めた。

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

新緑の上高地

Mamiyaのクラシックカメラで、今しか見られない風景を撮りたい!」

 

娘の熱い要望にヒョイっと乗っかり

夜高あんどん祭りの準備と仕事の合間をぬって、

以前より行きたかった新緑の上高地へと出掛けました。

夜明け前に上高地へ到着するべく、夜中2時半に家を出発。

徐々に明けてくる空、

幻想的な月が山間から見え隠れする・・・・・。

Img_0050

いつもの沢渡「アルピコ交通」に車を停め、

釜トンネルのゲートが開くのを待ってタクシーで大正池に向かう。

・・・・・・が、辺りは霧が経ちこめて真っ白!(T_T)

ところがタクシーの運転手さんは

「大丈夫!昨夜は雨が降っていたんですよ。

今日の予報は〝晴れ゛だから、待っていれば必ず見えます。

こんなチャンスは滅多にないですよ!

観光客のあまり行かない、

絶景が見られる場所で降ろしますね」

Img_0056

 

御礼を言って車を降り、ただただ待つ・・・・・・・

朝、5時半・・・・・気温13℃、さすがに防寒着を着こまないと寒い!

居るのは私達二人と、プロが持つようなカメラを手にした一組だけ。

 

Img_3387_2

まるで時が止まってしまったかのような世界。

(何も見えないよ~、本当に晴れてくるのかなぁ?)

不安になりながら待つコト30~40分、

 

Img_0061_2

薄ボンヤリと焼岳が見え隠れするようになったかと思うと・・・・・・・

さあ!ここからが

息を飲むような大自然のマジックショーの始まりでした。

 

Img_0066

朝の日差しと共に色の無かった世界は、

乳白色~墨絵~そしてパステル画のような淡いに世界に移り、

徐々に上高地の風景が色の付いたシルエットに変化してゆきます。

まるでモネの絵画の中に迷い込んだかのよう・・・・・・・。

 

 

Img_0103
Img_3419

 

たなびくように湖面を覆っていた朝霧が消えてゆくと当時に、

池の向こうのカラマツが日差しを浴び、

金色の粉を浴びるように上部からサーッと輝いてゆきます。

 

 

Img_3404

朝の始まりを告げるが如く、急に賑やかになる鳥たちのさえずり!

湖面を泳ぐ水鳥の後に続く真っ直ぐな波紋は

やがて大きく広がりゆっくり消えてゆきます。

 

霧はいつの間にか姿を消し、

湖面は鏡の如く忠実に風景を映しこみ、

雲一つない青空がどこまでも広がってゆく・・・・・・・。

 

見上げると、穂高の山々が堂々たる雄姿をくっきりと現していました!

朝の光を浴びて残雪がキラキラと輝いています。

Img_4162_2

Img_4163

Img_4164_4

 

時間にして30分くらいだったでしょうか?

刻々と変化する様は瞬きも惜しい程、

声を発する事も忘れる程に美しいものでした。

 

写真を沢山撮りましたが、私の小さなカメラでは

魂を揺さぶられるような感動は到底伝えられそうもありません。

上高地へは何度も訪れていますが、

今までで一番感動した時間でした。

 

Img_0127

Img_0125

Img_0118

滅多に無い瞬間に出会うコトが出来て、

本当にラッキーでした。

(娘はさらに山の虜になってしまったようです)(^^

 

 

偶然にも、山田哲哉さんのツアーについて

冬の上高地に入り、その後河口湖まで送って頂いたのが

丁度3ヶ月前の今日でした!

Img_2922

その時にスマートフォンで撮った写真と今を見比べながら、

徳沢までハイキングしました。

 

新緑真っ盛り!

全身で太陽の陽ざしを受け成長しようとしている木々、

清らかな梓川の流れに、大いに元気をもらいました。

Img_0139_3


Img_0144

Img_0147

早朝5時半に到着してから、
バスの最終まで12時間を上高地で過ごしました。
まるで一泊したかのような充実感でした。

Img_4170



Img_4195
Img_4190_2


Img_4199

※娘が自前の一眼レフ(ミラーレス)で撮影した今回のお気に入り

 

Img_0149

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«夜高あんどん祭り共催イベント決定