2020年9月 5日 (土)

五色ケ原 -テント泊2回目-

前回のテント泊に気を良くした娘。

「今度は五色ケ原へ行ってみたい!

以前雄山から遠くに見える可愛い赤い屋根は何?と思ってたんよ」

Photo_20200905160201 Jpg666_20200905160301

う~む?・・・・・・と言うことで、

尊敬する元富山県警山岳警備隊長でいらしたSさんに尋ねたところ

「長い道中ですよ、でもゆっくり行けば大丈夫。

獅子ケ岳からのダラダラとした下りは気を付けて!」と、

アドバイスを受けました。

 

私「母さんはゆっくりしか歩けないよ。時間は?」

娘「多分4時間くらいじゃない?」

これが後で大ホラと判明します・・・・・・・(;^_^A

2-img_4798 3-img_4805

8月25日~26日、天気予報は晴れ!

前日、何故か殆ど眠れなかった私は、

体調に不安を抱えながらの出発となりました。

 

夏休みが終わったせいか人が少ない立山駅。

8時にケーブルカー~高原バスを乗り継ぎ、9時過ぎに室堂に到着。

登山届を提出し準備を済ませ9時半に出発。

ターミナルの方から

「五色ケ原方面は熊が頻繁に出ているよ。

岩陰からヒョッコリ顔を出したりするから声を出して歩いてね。

休憩は見晴らしの良い場所でね!」

と、忠告を受ける。(ヒェ~~~!(_;)

1-img_4897

ますは一の越~浄土山へ・・・・・(予想通り身体が重い)

身体を山の気圧に慣らしつつゆっくり歩くと、約1時間半で浄土山到着。

遠くに五色ケ原山荘の屋根が見える。

「わぁ、可愛いね~」などど、はしゃいでいたのが

すぐに青色吐息に変わるとは知るよしも無い。

 

とにかく怪我をしないよう足の置き場に注意しながら歩く。

富山大学立山研究所の建つ浄土山南峰から、

龍王岳の西側を巻いて大きく下り、

その後、鬼岳の東側斜面を巻きながら登ってゆく。

所々に赤や黄色のペンキで印が付けてあり心強い。

4-img_4806 5i-mg_4816 6-img_4817

 

とにかく登ったり下りたり・・・・・(当たり前ですが)

先日の薬師岳の山歩きとは違って岩場が多いので気が抜けない!

時折周囲に目の配ると色とりどりの高山植物が咲いているけれど、

正直全く余裕無し!

し、しかも!

鬼岳~獅子岳へ向かう登山道にドッサリと新しい熊のフンを3箇所も発見!

1匹が3ケ所でしたとは到底考えられず・・・・・

近くに数頭いるのだろうと思うと更に余裕が無くなる。

「おー!おー!」と大声を出しながら歩くが、

睡眠不足、重いザック、暑さ、長距離、アップダウンの激しい岩場、熊フン💩

いつもは楽しいと感じる山歩きなのに・・・・

「娘に何かあったら・・・・・」とか色々想像すると、

ただでさえ暑いのに、心配と不安で頭がカーッとなり鼻息が荒くなる。

7-img_4822 8img_4861-2

そうこうする内にSさんが忠告して下さった獅子岳からの標高差約360mの一気下り。

急な斜面、小石交じりのザラザラとした登山道は

気が抜けず疲れた足が悲鳴を上げる。

途中2か所のハシゴと鎖場は怖かった。

10-img_4867 9-img_4826  

 

 

ナントカ下り、振り返ると獅子岳が圧倒的な存在で大きく見える。

(明日、再びここを登れるのか?)

心の中は不安でいっぱいでした。

12-img_4862-1

下りると今度は左手に赤茶けたザラ峠の山肌が大迫力で迫ってきます。

1585年12月、富山城主の佐々成政が徳川家康へ窮状を伝えるために

越えて行ったと言われる道・・・・・。

下から上がってくるガスに恐怖を感じる。

「もう少し、気を抜かずに歩こう!」

自分自身に活を入れながら、

ザラ峠から立山カルデラの縁に沿うように登ると、五色ヶ原へとのびる木道に出る。

18-img_4852  17-img_4895

「母さん、待ちに待った木道歩きや!」

娘の明るい声に元気が出る。

一の越を出発してから途中休憩を取りつつ、約6時間半。

午後3時過ぎ、五色ケ原キャンプ場到着。

長かった・・・・・・・。

15-img_4872 14

早速テントを張り、ロクな昼食を食べていなかったので、

早めに夕食に取り掛かる。

本当は周囲を散策したかったのですが、今日ばかりは疲労困憊。

倒れるように横になって寝てしまいました。

16-img_4845

夜半、

「母さん、起きて!星がきれい!」

娘に促されテントから顔を出すと・・・・・・・

手が届きそうなくらいの距離に

宝石をちりばめた如く満天の星空が広がっていました。

きれい、本当に美しい・・・・・・・。

 

頑張ったご褒美を頂けたようで・・・・・

ひと時身体の痛みを忘れ、ただただ二人で星空を見つめていました。

 

翌日、まあまあ眠れたお陰で意外に身体の疲労は無く、

来た時と同様、気を付けてゆっくりと帰路に着きました。

 

今回、娘と体力・持久力に大きな差があることを

改めて実感しました。

いつも「身の丈にあった登山」を推奨しながら、

今回は身に過ぎた登山でした。

 

おそらくもう五色ケ原へ行くことは無いと思いますが、

無事だったからこそ、

素晴らしい思い出になりました・・・・・・が、

疲れが取れたら、今度は楽しく歩ける山へ行きたいです。(笑)

 

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

薬師岳 -初テント泊-

夏山シーズンではありますが・・・・

今年はコロナウイルスの影響で明らかに例年とは異なります。

しかしながら、ずっと前にテントや寝袋を購入し、

今年からテント泊や縦走にチャレンジしようと考えてした娘は大ショック!

 

私も山へ行きたいとは思うものの・・・・・

県をまたいでの往来は気持ち的にはばかられ、

また過日の地震で穂高の山々は浮石が多く危険との話もあり、

とりあえずは県内で行ける山を散策しよう!と話し合い、

先日8月5~6日、娘のおススメの薬師岳へ行って来ました。

Img_4491 Img_4791

 

有峰湖を横目に整備された林道を走り、

自宅から約1時間半で登山口の折立(1351m)に到着。

 

7時半過ぎ、登山開始。

今回はテント泊ゆえ、テントは勿論、寝袋、食料、水に至るまで

担いで行かねばなりません。

猛暑の中、娘は約15キロ、私は約10キロを背負っての歩行です。

 

登山道は整備してあるものの、数日間の長雨でアチコチぬかるんでいます。

いきなりの太郎坂の急登に早くも息が上がる。

それでもこまめな休憩と水分を補給しつつ一歩ずつ歩くと、やがて視界が開け、

のんびりとした木道歩きが始まりました。

Img_4499 Img_4510 

ニッコウキスゲやチングルマ・・・・・・

名前は知らないけれど沢山の花々が咲いています。

Jpg8888

時折吹く風が汗ばんだ身体に気持ちがいい!

やがて歩くこと4時間半、太郎平小屋(2373m)到着!

 

登山届を提出し、太郎平山荘特製ラーメンを頂く。

暑さで食べられないかと思いきや、山の上とは思えない美味しさに

つゆまでペロリと平らげました。(笑)

 Img_4514

一息ついた後、そこから20分ほど下り、

今夜の宿営地、薬師峠キャンプ場に到着。

 

既にいくつかテントが張られているが、それほどに多くは無い印象。

娘は早速とザックからテントを引っ張り出し、手際よく、

見る見るうちに組み立ててゆく。(御見それしました)

Img_4524

薬師岳は此処から更に2時間以上かかる為、

本日の歩行は終了。

 

夕飯は昨夜作ってパックにしてきたおでんと

お湯を注いで出来上がるドライカレー!

小さなコンロでもばっちり調理が出来、温かいご飯を頂けました。

雄大な山の懐に抱かれながら食べるご飯は

簡素ながら極上に美味しかったです。

Img_4506

 

山の夜は皆翌日に備えて早く休みます。

・・・・・・と、ここで私は翌朝山頂へ登らない決断をしました。

じつは以前から登山靴が今一つ足に馴染んでおらず、

靴下やキズバンで何とか合わせていましたが、

今回途中から歩くたびに、くるぶしが激痛に襲われていました。

ここまで来られたけで!

初のテント泊を体験出来ただけで!幸せでした。

 

娘は夜中3時半に起き、ヘッドライトを付けて

一人薬師岳登頂を果たしてきました。

行けなかった私に沢山写真を撮って来てくれました。

Jpg666 Jpg777

朝ごはんは焼いていったガーリックトーストと

コーンスープを頂き、無事に帰路につきました。

Jpg444444_20200822161201 Img_4788

 

じつはテント泊は子供の頃に親に連れられて行った事と

若い頃に一度経験があるのですが、

どちらも雨に降られて、全く良い思い出がありませんでした。

正直気が進まなかった私ですが、

今回、エアーマットでぐっすりと眠ることが出来、

娘が沢山準備をしてくれたお陰で、とても楽しいテント泊となりました。

娘よ、ありがとう♥

 

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

懐かしの喫茶「ペーパームーン」

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません・・・・・・・( ノД`)

そんな中、賛否両論はあれどもGoToトラベルキャンペーンのおかげで

観光地は徐々に人出が戻ってきた所もあるようです。

我が家は県をまたぐお客様の御予約は全てキャンセルとなり、

まだまだ厳しい状況は変わりません。

 

それでもこんな状況の中、

勇気を出して御来店下さったお客様に心から感謝申し上げます。

 

連休最終日、26日の夜は3名のお客様。

お料理をお出しした後、主人が挨拶へ顔を出すと・・・・

「あれっ、マスター?

ペーパームーンのマスターですよね!」と、驚いた表情。

 

遡ること約30数年前、

主人は砺波の駅前にて、約10年間

「ペーパームーン」という喫茶店を営んでおりました。

奇遇にも当夜のお客様は、当時よくいらしていた常連さんだそうで、

ひと目見て分かったそうです。

Photo_20200730205701
 

 

「ペーパームーンは凄く個性的な店で、今も砺波の伝説ですよ!」

と、話され

「マスター、マスター」と連呼され・・・・・・

主人は嬉し恥ずかし、照れ笑い。

何でもお店で知り合い、ゴールインしたカップルも数組おられたとか・・・・・。

Photo_20200730205702

 

まだまだ先の見えない新型コロナ・・・・・・

自衛策だけでは限界を感じ始めている昨今。

カラ元気を振り撒きながらも、時折ドッと不安が押し寄せてきます。

しかしながら・・・・・・

時代を感じる建物、庭、調度品、

そして季節の器に盛り付けられるお料理の数々・・・・・

灯りの下、盃を交わす日本ならではのコミュニケーション。

・・・・・・無くしたら、壊したら、もう復活出来ないかもしれない!

 

ようやく私達が目指してきたワールドが完成しそうなのに・・・・・。

・・・・・時折やり場のない口惜しさがこみ上げてきます。

 

 

それでもご来店下さったお客様から

「頑張って下さいね!また来ます」と声を掛けられると、

しおれた花に水をかけてもらったように、勇気と元気が湧いてきます。

 

安全に留意しながら・・・・・

今後どのような形態で経営してゆけばいいのか?

今しばし、状況を見守りつつ思案したいと考えています。

 

 

追記:別館を「月あかり」とネーミングしたのは、ペーパームーンを彷彿させる為。

いつか懐かしい常連さんを集めて同窓会をやれるといいなぁ~♥

 

 

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

思いがけない長期休暇の功名

7月に入り、少しずつご予約をお受けしています。

以前に比べるとまだまだですが、

仕事が出来ることに感謝しながら、

気を抜かず、細かな掃除・消毒を行っていきたいと思います。

 

東京では4日連続で感染者数が100人を超えていますが、

以前の100人超えの時は約900人の検査数。

現在は2000人以上の方が検査を受けられるようになっており、

気は抜けないものの医療現場では若干の余裕があるそうです。

 

思い起こせば・・・・・

4月に緊急事態宣言が出されて以降、必要最低限な買い物以外

全く自宅敷地内から外へは出掛けませんでした。

予約はゼロ。

しかしながら当店に問題が起こった訳ではなく、

コロナウイルスが悪い訳で・・・・・

「これは天から与えられた時数な時間!」と捉えて、

夫婦各々、以前からやりたいと思っていた事をこなす事にしました。

以下、一部を紹介致します。

 

 

■納屋の内部改装

色んな物があり過ぎてぐちゃぐちゃだった納屋も、断捨離と棚等の設置で

すっきり片付きました。

Burogu

■塀作成

ボロボロになっていた庭の奥の塀を新しく作り替えました!

家にある古材や欄間を使って雰囲気良く仕上がったと思います。

 

■納屋の外壁工事 

上の方の土壁がボロボロと崩れ色もはげ、

味気ないトタンが張ってあっただけの側面でしたが、

小屋根を作り、以前頂いてきたサッシをはめ込み、

更にサッシの前に手作りの格子を取り付けました。

Photo_20200706221101

Img_4302

■庭の木々が葉っぱが真っ黒になる「すす病」にかかってしまい、

うっそうとしていた枝を思い切って伐採しました。

庭に光が差し込むようになり、現在少しずつ回復しています。

 

■子供たちの幼い頃の色んな物を断捨離!

思いがけず高級ガーゼ発見!マスクを作りました。

 

■地震で再度漏れ出した池の水漏れ補修。

今回は速乾モルタルでは無く、砂とセメント半々で混ぜたもので施工後、

防水材を刷毛で塗りました。完全に漏れは止まりました!

555_20200705164901

■花壇作り

我が家の地面は地震に強いじゃっけつ※石が混ざった砕石で、

手のひらよりも大きな石がゴロゴロ・・・・

お隣さんからふるいを借りて除去した後、土を入れ種まき。

早くもコスモスが満開です!

Photo_20200705164901

■庭の石組補修

経年劣化により土が流れ、今にも崩れかかっていた石組の間に砂利を詰め込み、

セメント施工しました。

 

■庭先のすだれ作成

経年劣化でボロボロになってきた縁側の簾(すだれ)

今回は納屋にあった長さ180の竹製の簾を半分に作り替え、

マジックテープで遮光シートを付けました。

Img_4266

■ソファーのメンテ

経年劣化で所々はげてきたソファーの汚れを落とした語、

同色の色と保護オイルを混ぜ合わせ布で塗りこみました。

つやつやになりました!

Img_4312

 

時間があったからこそ色々な事が出来ました。

今後も合間を見つけながら、古さを生かしたお店づくりに努力したいと思います。

仕事が出来ることに感謝しながら・・・・・・。

 

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

7月1日よりのご予約をお受け致します

先日6月19日より、

県境をまたぐ移動制限が全国で解除されました。

しかしながら、

東京ではまだ感染が続いており、

もろ手を挙げてバンザイ!という心境にはなれません。

 

しばらくは慌てず焦らず、

周囲を見ながら少しずつ再開させて頂こうと考えております。

当面のご予約は、別館「月あかり」に1組様、

本館または旧館に1組様とさせて頂きます。

 

幸いにも当店は別館、旧館、本館それぞれに玄関も異なり、

他のグループの方と接触する心配はありません。

 

懐かしいレコードに耳を傾けながら、

気の合うご友人・ご家族の皆様と心和むひと時を過ごしませんか?

 

先日、当店ホームページの別枠にて、再開のガイドラインを記載させて頂きました。

御一読下さいますようお願い申し上げます。

http://www.uomasatei.serio.jp/news/1650/

Img_4295

 

 

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

現状&今後について

はじめに・・・・・・

新型コロナウイルスにより罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

4月7日、新型コロナウイルス感染症の急速な拡大を踏まえ、

緊急事態宣言が発令されました。

それを受けて富山県の方針も発表され、

当店は4235月末日まで休業する事と致しました。

 

あれから約1か月半・・・・・

国民の外出自粛の努力が成果を上げ、感染者数は徐々に減少。

安倍総理は514日、39県における緊急事態宣言の解除を発表しました。

Img_2814

しかしながら・・・・・・

気を緩めた結果、多くのクラスターを出してしまった韓国を例もあり、

未だ安心とは程遠い状況だと言うことを、

改めて考えながら行動していかなければならないと思います。

 

勿論、少しずつ規制が緩和され様々な活動を再開して行く事は

経済の回復、また生計を成す上でも大変重要です!

しかし・・・・・

接待を伴うナイトクラブ、ライブハウス等においては

引き続き自粛要請をお願いしたいとのコト・・・・・・。

 

日本料理店の当店が

〝接待を伴う・・・〝の枠に当てはまるのかどうかは分かりませんが、

お客様はテーブルを挟んで対面で食事をされる訳で・・・・・・・、

当然マスクを外さないと飲食が出来ない訳で・・・・・・・、

私達スタッフは配膳時、

お客様にかなり接近して器を出したり引いたりする訳で・・・・・・・

 

 

どの時点で再開すべきか?再開出来るのか?

とてもとても難しく・・・・・・正直、迷っております。

ただ、絶対に言える事は・・・・・

時間をかけ、ゆっくりと食事を提供させて頂く当店の場合、

もてなされる側(お客様)、もてなす側(私達スタッフ)、

どちらもHappyでなければならないと考えております。

 

再開を心待ちにして下さっている皆さま方には大変心苦しく、

ご迷惑をお掛け致しますが、

当店は今少し周囲の状況を見ながら、

判断させて頂きたいと考えております。

詳しい事が決まりましたら、改めてご案内させて頂きます。

何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 

1日も早く、また笑顔でお店を再開出来ますよう・・・・

皆さまのご健康とご多幸を心より祈念申し上げます。

 

 

※追伸:

私達を心配して、時折フラリを訪ねて下さる友人・知人・お客様・・・・

そのお心・・・・涙が出るほど嬉しいです。

ご心配をおかけして本当に申し訳ありません!m(__)m

しばし、外で珈琲タイムと致しましょう。

 

Img_2812

 

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

休業のご案内

新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっています。

連日テレビや新聞で深刻な報道を目にし、耳にする度・・・・・、

 

外を歩く全ての人々がマスクを付け、無言で、早足で歩く姿を見る度・・・・・、

まるで作られた映画の中に自分がいるような・・・・・

心の中に言葉に出来ない様々な感情が沸き起こります。

 

 

1~2月、例年に無く沢山の御予約を頂き、慌ただしい日々を過ごしておりました。

 

2月初旬、

香港で下船したダイヤモンドプリンセス号の乗船客から感染者が確認されてからも、

まだどこか他人事で・・・・・

3~4月に御予約を頂いたお客様の接待が滞りなく運ぶよう、

スタッフや仕入れの手配等、準備と段取りで頭がいっぱいでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、思い起こせば気忙しくも平穏で幸せな日々でした。

 

 

あれから僅か2ヶ月余り・・・・・

コロナウイルスは瞬く間に日本中に広がりを見せ、

3月末、

富山県内で京都産業大の女子大生の感染が判明してからは

殆どの予約が延期、取り止めとなりました。

 

毎日キャンセルの電話が鳴り響き、

膨大な売り上げ見込みが消えていく経験した事の無い状況に

焦りと悔しさが込み上げました。

Img_3740

 

しかし、今、最も大切な事は、お客様とスタッフ、家族の〝命〝です。

料理屋は安全で美味しい食事を、楽しく安心して召し上がって頂ける場所でなければなりません。

今、この状況の中、商売を続けることは多くの矛盾が出てきます。

苦渋の決断ではございますが、何卒ご理解・ご協力いただければ幸いです。

 

また、笑顔で皆さまにお会い出来ます事を

スタッフ一同心より楽しみにお待ち申し上げます。

44444  

 

 

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

亭主、ポスターになる

富山大学人文学部、人文地理学、大西宏治研究室主催の

〝小矢部市の「場」の魅力を創出するプロジェクト〝に、

主人他数名の皆さまが選出?され、

過日、富山大学の学生さんから取材を受けました。

 

本人曰く

「もっと他に変わった人がいるだろうに・・・・・」

と言いつつも嬉しそう。(笑)

Img_3416

 

以下ポスターから抜粋。

 

富山の人がよく言う「なんもないがいちゃ」(何もないんです)

本当はそんな事はなく、

ここ小矢部市にも地域の人だけが知っている魅力があります。

小矢部の人と富山の学生が、

小矢部に古くからあるお店や挑戦する若い人を取材してつくった、

小矢部の「場」の魅力に争点をあてたポスターを発表します。

 

2月半ば、

三井アウトレットパークにてお披露目会が行われるとのコトで

出掛けて行きました。

 

帰宅すると・・・・な、な、なんと!

B2サイズの大きなポスターを持ち帰りました!

まさか一人一人のポスターを作成して頂けるなんて思ってもおらず・・・・・

とても驚きました!\(o)/!

Img_3396

今月初めまで三井アウトレットパーク北陸小矢部内、

2階フードコート近くに展示されておりました。

(終わってからのブログアップでスミマセン)(^^

 

コロナウィルスの影響?でアウトレットも人出は少ないように感じましたが、

時折、足を止めて下さる方もおられ、嬉し恥ずかし・・・・でしたが、

いい記念になりました。

 Img_3417

| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

猛威!新型コロナウイルスの憂い

中国武漢市から発生した新型コロナウイルスが

世界中に感染拡大しております。

 

先日、ついに北陸、石川県での感染者が確認されました。

富山県内での感染報告はまだありませんが、

感染が確認された千葉県在住の70代女性が、

2月16~18日に県内各所を観光で訪れていたことが判明。

もうもう他人事ではありません!

Img_3424

当店では感染予防のため、店内の衛生強化に努めております。

玄関入口、各トイレにアルコール消毒液を設置。

調理の際はこまめにアルコール消毒をし、

盛り付け等、使い捨てのビニール手袋を使用しております。

 

長期化すれば、生活等に様々な影響が予想され、

大不況に突入するのでは?・・・・と不安が募ります。

1日も早い感染の収束、ワクチンの開発、完成を祈ります!

 

お客様におかれましては、ご来店の際、体調のすぐれない場合には、

絶対にご無理をなさいませんよう・・・・・

ご理解、ご協力賜りますよう、お願い申し上げます。m(__)m

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

クイーン来日公演2020ナゴヤドーム

一昨年、映画「ボヘミアンラプソディ」が世界中で大ヒットし、

以降、若者のファンが増えた、伝説のバンドQueen

Img_3290

公開直後、きっとハマるだろうと次男を誘って見に行くと、

案の定ファンになり、今回の日本公演のチケットを取るために奔走してくれました。

さいたまスーパーアリーナ、京セラドーム大阪、ナゴヤドーム・・・・・・

〝数うちゃ当たる〝と思いきや、なかなか当たらず、

諦めかけた頃、ようやく4次選考でナゴヤドームのチケットをゲット出来ました!

次男曰く 「これほど当たらないライヴは初めて!アリエナイ!」・・・・・だったそうです。

 

待ちに待った130日、

(年末年始の忙しさも、この日の為に頑張れました)

現在、幕張勤務の息子と名古屋駅で待ち合わせ、

あとは次男の誘導に従ってナゴヤドームへ!

開演5時間前にもかかわらず、既にグッズの売り場には長蛇の列。

(私は事前に公式サイトで帽子やマグカップ等購入済みだったので、パンフレットのみ購入)

 

しかし・・・・驚くのは人の多さ!\(o)/!

何と言っても3万人のチケットが完売したのだから、うなずけますが・・・・・

(トイレを済ませるのに30分位かかりました)(~_~;)

 

そして定刻始まったライヴ!

舞台に設置してあった大きな冠がゆっくりと上昇しながら

「イニュエンドゥ」が威風堂々と流れた次の瞬間、

エレキギターがハードに響き渡り、シルエットの中にブライアンの姿が現れ、

大歓声の渦の中、1曲目の「Now I'm Here」がスタートしました。

Jpg_20200205171901

音と光の壮大なショー!

2時間半の間、息をつく暇もない程、

五感全てが、細胞の隅々までもが、彼らのステージに酔いしれた ひと時でした。

 

アダムランバートの生歌も、ブライアンの生ギターも、ロジャーの生ドラムも

YouTubeとは全然違う、大迫力!

Jpg55 

特に私はブライアンのギターのファン

ブライアンは演奏にピックでは無く6ペンスコインを使用し、

独特の音色を奏でるギタリストとして有名なのですが・・・・・・

今回、宇宙空間を思わせるセットでのハードな独奏やしっとりとした弾き語りに酔いしれ、

フレヂィが恋人メアリーにささげた Love of My Life、

途中、日本語の歌詞が入った「Teo Torriatte」(手をとりあって)を皆で歌いました。

 

※余談ですが・・・・・天文学者でもあるブライアンは

JAXA小惑星探査機「はやぶさ2」のプロジェクトに深い興味を持ってくれています。

222

 

途中途中、最近のバーチャルの技術?でフレディが現れ、

彼の手招きにあわせて「エーオ、エレレレレロレロ・・・・・」と叫んだり、

「Another One Bites the Dust」「Radio Ga Ga」 「We Are the Champions」では、

お馴染みの手振り、足踏みで、会場全体が一つになりました。

 

超有名になった「Bohemian Rhapsody

バラード~オペラ~ハードロック~バラードパートで構成されていますが、

私はハードロックから最後のバラードへ移る際のブライアンのソロ演奏が最も好きで、

これを生で聴きたいが為に足を運んだと言っても過言ではありません。

 

聴けて良かった~~~!

とても幸せな夢の時間でした

 

知りませんでしたが、当日はスマホでの撮影、録画はOKだったそうで、

既に多くの方がYouTubeに動画をアップされています。

何と言っても〝生〝には敵いませんが、雰囲気を感じるには十分だと思います。

是非、YouTubeで「2020 クイーン日本公演」と検索してみて下さい。

便利な時代になりましたね。(^^

Img_3300

 

最後に・・・・・

色々と手配してくれた次男に心からお礼を言いたい。

息子と二人でクイーンのライヴを観に行けたなんて・・・・・本当に私は幸せ者だ!

焼き鳥、親子丼、味噌カツも美味しかった!

あわせて・・・・気持ちよく送りだしてくれた家族にも心から感謝します。

みんな、みんな、ありがとう

 

 

【演奏曲】

Now I’m Here

Seven Seas of Rhye

Keep Yourself Alive

Hammer to Fall

Killer Queen

Don’t Stop Me Now

Somebody to Love

In the Lap of the Gods… Revisited

I’m in Love With My Car

Bicycle Race

Another One Bites the Dust

I Want It All

Teo Torriatte (Let Us Cling Together)

Love of My Life

39

Doing All Right

Crazy Little Thing Called Love

Under Pressure

Dragon Attack

I Want to Break Free

You Take My Breath Away

Who Wants to Live Forever

Guitar Solo

Tie Your Mother Down

The Show Must Go On

I Was Born To Love You

Radio Ga Ga

Bohemian Rhapsody

 

アンコール

Ay-Oh

We Will Rock You

We Are the Champions

God Save the Queen

 

 

※ライヴ演奏中の写真はネットからお借りしました。m(__)m

 

| | コメント (0)

«世間は広いようで狭い!