« ラミティエ 風花舎 | トップページ | 魅惑の宵、夜想曲~ノクターン~の調べ »

2012年7月 9日 (月)

小松「松葉屋」

ラミティエさんへ行ったついでに、

・・・・・・・というか、これもお目当てだったのですが、

私の大好きな和菓子。

「松葉屋」の月よみ山路(栗むし羊羹・比咩くるみ)を

買いに行きました。



随分前にお向かいのSさんに頂いてから、

大ファンになり、

お店が小松という事で、なかなか口に出来ないのですが、

今日は息子に借りたナビ様のおかげで

めでたく、初「松葉屋」デビューが叶いました。

Img_0390_6

車の往来が激しい通りから一歩入った、町屋を思わせる佇まいの中、

予想どおりの趣のある建物を発見。

 

Img_0389_3

中へ入ると

「ありました、ありました!」

ずらっと並んだ月よみ山路。

ああ、感激・・・・・。

Img_0388jpg_2

大きな竹の皮を広げると現れる、

ひとつひとつ微妙に形の違う蒸し羊羹。

甘さを抑えたモチモチとした食感、

ほのかに立ち昇る竹の香り・・・・・

どこを切ってもゴロゴロと栗が顔を出す、栗蒸し羊羹と

ふんだんに胡桃を練りこんだ、比咩くるみ。


Photo

どちらも本当に美味しいのですが、

無類のナッツ好きの私のお気に入りは、比咩くるみ。

 

創業嘉永5年(1852年)、って・・・・・・ペリーが来航した頃ですよね?

江戸末期・・・・スゴーイ!

 

家へ帰ったら歴史を感じつつ、ゆっくりと頂きます。

|

« ラミティエ 風花舎 | トップページ | 魅惑の宵、夜想曲~ノクターン~の調べ »

お気に入り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小松「松葉屋」:

« ラミティエ 風花舎 | トップページ | 魅惑の宵、夜想曲~ノクターン~の調べ »