« アケビ | トップページ | 信州旅行② »

2012年11月 2日 (金)

信州旅行①

澄み切った青空が広がる秋、

仕事の合間をみて、一泊で信州へ行ってきました。

 

早朝5時半、

子供たちの朝ごはんをこしらえてから家を出発。Img_1437_5

北陸道、糸魚川IC⇒148号線(松本街道)を

白馬へ向かって車を走らせました。

約3時間で有名な絶景ポイント
「白馬大橋」に到着。

残念ながら
白馬三山は雲に覆われて見えず・・・・
クスン

しかし山々の木々は少しずつ色づいています。 

Img_1432

しばらく白馬周辺を散策後、糸魚川街道を松本方面へ・・・

青木湖~木崎湖を経て、安曇野へ到着。

車を走らせるとあちこちにワサビ田や道祖神が!

Img_1450

そっかぁ、NHKの朝ドラ「おひさま」の舞台でしたね。

のどかで素敵なところです。

そろそろお腹が空いてきたら・・・やはり信州そばですよね~

Img_1453



食事のあとは諏訪大社へ・・・。

高速道路とナビのおかげで、あっと言う間に到着。
お賽銭箱に百円を入れて二拝二拍手一拝、
ささやかな賽銭にも関わらず沢山願い事をする私・・・

 

続いて中山道下諏訪宿、※本陣「岩波家」へ。       Img_1457
中山道随一の名園と称される庭は

自然の地形をうまく取り込み、

各地の名石を集めた本格的築庭式石庭園。

京都の庭園にも引けをとらない素晴らしさ!

数年前から庭に興味津々の主人はご満悦。

Img_1458

しばらく歩くと、聴泉閣「かめや」という料亭の前に

本陣の部屋、見学どうぞ 300

と小さな案内が・・・

14代将軍徳川家茂公に嫁いだ皇女和宮が

婚礼の道中に宿泊した部屋が、
150年前当時のまま保存されているという。

ロビーで「こんにちわぁ」と声をかけると

和服の女将さんが出てきて、

「上段の間」(今は特別貴賓室)に案内して下さいました。

部屋に入った瞬間、江戸時代にタイムスリップしたかのよう・・・。



何て表現すればいいのか・・・言葉に出来ない。

さらにここは島崎藤村、芥川龍之介、

与謝野鉄幹・晶子も宿泊し、数えて創業300年というから驚き!

歴史ある建物が今も大切にされている。

素晴らしいです。

Img_1463_2

欲張りな私達は高島城~片倉館を駆け足で見学。

夕暮れが近づき、

今晩のお宿、美ヶ原温泉、鄙の宿「金宇館」へ。

感想は次回で!

   

※本陣は、 江戸時代以降の宿場大名旗本幕府役人、勅使、宮、門跡などの宿泊所として指定された家。

 原則として一般の者を泊めることは許されておらず、営業的な意味での「宿屋の一種」とはいえない。

 宿役人の問屋や村役人の名主などの居宅が指定されることが多かった。

 

 

|

« アケビ | トップページ | 信州旅行② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州旅行①:

« アケビ | トップページ | 信州旅行② »