« 涙雨 | トップページ | 寒さ対策 »

2013年11月 2日 (土)

野球三昧

米大リーグ(MLB)、
レッドソックスが6年ぶり8度目のワールドシリーズを制覇。
日本人選手、上原浩治、田澤純一がやってくれましたー!

特に最後のマウンドを任された上原の投球は
皆が待ち望んでいたとおり、見事に三振!

Jpguehara


「ツライです、しんどいです」と言いながら
きっちりと仕事をする姿は本当にスゴイ!
(ちょっと上原の陰に隠れていますが、中継ぎの田澤も立派です)

上原は決して大きな体格では無く、さほど球威がある訳でもない
ストレートもせいぜい140キロを少し上回るスピード・・・・・
なのに、気持ちがいいほど大リーグの強打者のバットがクルクル空を切る。

一体何故打たれないのか?本当に不思議・・・・・・!?
「ねえねえ、お母さんに解るように説明してよ~」と
小中と野球少年だった次男に問う。

次男の解説によれば、
「上原はどんな打者に対しても淡々と早いテンポで投球し、
なおかつ殆ど遊び玉を投げない。
そして抜群にコントロールがいい。
加えて球の“質”がよく、特に決め球のスプリット(変化球)はキレがあり、
コントロールの難しい何種類ものフォークボールを
内、外のストライクゾーンギリギリに自在に投げ分けることが出来る。
打者は見逃すとストライクになるので球種に関係なく“バットを振る”というのが前提になる。
また投球フォーム(腕の振り)が、打者から見えにくいので振り遅れるのかも?」
・・・・・・・・とのご説明。

昨季はア・リーグ東地区最下位だったチームが
今季シーズン、ワールドシリーズ優勝!
(最下位からの頂点は、史上2チーム目の快挙)

目下、大学で卒業研究中、
連日深夜帰りで少々お疲れ気味の次男ですが、
「以前は先発投手だった上原が抑えのクローザーに転向、
大リーグでこれだけの驚異的な数字を残すなんて、
同じ日本人として本当に誇らしい!なんか元気出るなぁー!」
と少し興奮気味。
・・・・・・二人の日本人投手の活躍は息子へのカンフル剤になったようです。(笑)

そして見ていて楽しいのは、すっかり有名になった「ハイタッチ!」
英語ではハイファイブ(high-five)と呼ばれるらしいですが、
レッドソックスの選手やファンが、こぞってハイタッチをする姿はとても微笑ましい。

http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=Koji%E2%80%99s+High-Five+City

Photo



野球中継を愉しむには、TVの前にじっくり座る必要があり、
普段は なかなかゆっくり観られませんが、
ワールドシリーズは試合開始が午前中だったので、
久々に愉しむ事が出来ました。

 

日本シリーズは楽天が巨人に大手!
どちらかというとジャイアンツファンの私ですが、
今回は東北を勇気づける為、
初優勝をかけ「魂込めて頑張る」楽天を応援したい気分。(笑)

朝から晩まで “野球三昧”の一日でした。
あー、たのしかったぁ。

|

« 涙雨 | トップページ | 寒さ対策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野球三昧:

« 涙雨 | トップページ | 寒さ対策 »