« 熱狂、ジャズライブ! ―後編― | トップページ | 親子で、浴衣で、東山♥ »

2014年8月30日 (土)

BLUE CITY

お盆のライブ「JAZZ IN TSUZAWA」 を開催するにあたり、

素晴らしい出演者の皆さまをご紹介下さった
金沢のJAZZBER RIVERSIDE」のママ(篠崎文さん)。

012



この度お店を移転リニューアルOPENされ、

先日のお礼を兼ねて主人と行って参りました。

 

じつは今回是非にも来させて頂いたのはそれだけではありません。

初日の〝こけら落としライブ〝は
日本JAZZ界の大御所、ベーシスト 鈴木勲(b)トリオ!
おまけに経営者でもあり、ヴォーカリストでもある篠崎さんとの共演もアリと言うから
そりゃゼッタイニ外せません。

027

014

主人は若い頃からJAZZに傾倒しており、

中でも鈴木勲の名盤と呼ばれる「BLUE CITY」 は

(鈴木勲(b,cello)、菅野邦彦 (p)、渡辺香津美 (g)、井野信義 (b)、小原哲次郎 (ds)
ずーーーーっと、昔から耳にタコが出るほど聴かされております。

 

「きっと古参の鈴木ファンは俺だけだ!」と豪語する中、

篠崎さんから

「是非LP持参でいらして下さい、サイン頂けますよー!」

と嬉しいお言葉を頂き、膨らむ期待(あっ、主人がデス)

「おそらく常連さんがいっぱいだろうねー、隅っこでも聴けたらいいね」
と出掛けましたが、お店に着くと

「浅地さん、いらっしゃい!一番前にお席を用意しておきましたよ」

と言われてビックリ!
「エエーッ!いいんですか?」

最前列!その間、1m余り!

 

026

新参者の私達が何だか申し訳ない気がしますが、

折角なのでお言葉に甘えるコトにしました。

 

017

023

今度のお店は随分とスペースも広く、

犀川を見下ろせるテラスもあり、眼下に金沢の夜景が広がる。

そよそよと頬を撫ぜる川風が心地いい・・・・・・。

ワインを飲みながら開演を待つひととき
ああ、癒される~。

 

その間、各テーブルはあっと言う間にお客さまでいっぱいに・・・・・。

 

定刻9時、ライブスタート。

鈴木勲さん、・・・・・・じつに個性的なファッションで登場。

しかし!御年80歳を過ぎたとは到底思えないパワフルな演奏!

032

040

私は素人ゆえ、感じたままの事しか言えませんが、

ふと・・・・・、雄大な原野の中にいるような・・・・・・・、

鈴木さんのベースが大地の鼓動のように、熱く激しく

また吹き渡る風のように優しくも感じました。

 

曲に合わせて身体を動かしながら、

大好きなJAZZ演奏に陶酔している主人。

その嬉しそうな様子は見ていて愉快な程。(笑)

 

そう言いつつも、技術を越えた〝いぶし銀〝のような独特の〝鈴木ワールド〝に

いつしか私もどっぷり浸っておりました。

 

しかしジャズって、こんなに大音量なのに、

何故?うるさく感じないのでしょう?

 

演奏途中、

「それでは今度は鈴木さんのアルバムBLUE CITYの中から

PLAY FIDDLE PRAYをおおくりします」

・・・・・・・とピアニストの田中裕士さんが話すと同時に

主人が持参したBLUE CITYLPレコードを高々上げると
会場はちょっと盛り上がる。

(鈴木勲さんが笑みを浮かべながら私達に親指を立てて下さいました!)
Good

036

終了後は各テーブルを周り気軽に言葉を交わして下さり、

持参のLPにササッとサインして下さったばかりでは無く、

な、な、なんと主人と肩を組み

友人のようなフレンドリーな写真を撮らせて下さいました。

043

045
059

気付くと時計の針は早や0時を過ぎておりました。

楽しい時間はすぐに過ぎてしまうのですね。

でもこれからはちょくちょく気分転換に来させて頂くつもり。

 

篠崎さん、スタッフの皆さま、

極上のひとときをありがとうございました。

RIVERSIDE」に幸あれ!

 

 

|

« 熱狂、ジャズライブ! ―後編― | トップページ | 親子で、浴衣で、東山♥ »

亭主奮闘記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLUE CITY:

« 熱狂、ジャズライブ! ―後編― | トップページ | 親子で、浴衣で、東山♥ »