« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月30日 (土)

BLUE CITY

お盆のライブ「JAZZ IN TSUZAWA」 を開催するにあたり、

素晴らしい出演者の皆さまをご紹介下さった
金沢のJAZZBER RIVERSIDE」のママ(篠崎文さん)。

012



この度お店を移転リニューアルOPENされ、

先日のお礼を兼ねて主人と行って参りました。

 

じつは今回是非にも来させて頂いたのはそれだけではありません。

初日の〝こけら落としライブ〝は
日本JAZZ界の大御所、ベーシスト 鈴木勲(b)トリオ!
おまけに経営者でもあり、ヴォーカリストでもある篠崎さんとの共演もアリと言うから
そりゃゼッタイニ外せません。

027

014

主人は若い頃からJAZZに傾倒しており、

中でも鈴木勲の名盤と呼ばれる「BLUE CITY」 は

(鈴木勲(b,cello)、菅野邦彦 (p)、渡辺香津美 (g)、井野信義 (b)、小原哲次郎 (ds)
ずーーーーっと、昔から耳にタコが出るほど聴かされております。

 

「きっと古参の鈴木ファンは俺だけだ!」と豪語する中、

篠崎さんから

「是非LP持参でいらして下さい、サイン頂けますよー!」

と嬉しいお言葉を頂き、膨らむ期待(あっ、主人がデス)

「おそらく常連さんがいっぱいだろうねー、隅っこでも聴けたらいいね」
と出掛けましたが、お店に着くと

「浅地さん、いらっしゃい!一番前にお席を用意しておきましたよ」

と言われてビックリ!
「エエーッ!いいんですか?」

最前列!その間、1m余り!

 

026

新参者の私達が何だか申し訳ない気がしますが、

折角なのでお言葉に甘えるコトにしました。

 

017

023

今度のお店は随分とスペースも広く、

犀川を見下ろせるテラスもあり、眼下に金沢の夜景が広がる。

そよそよと頬を撫ぜる川風が心地いい・・・・・・。

ワインを飲みながら開演を待つひととき
ああ、癒される~。

 

その間、各テーブルはあっと言う間にお客さまでいっぱいに・・・・・。

 

定刻9時、ライブスタート。

鈴木勲さん、・・・・・・じつに個性的なファッションで登場。

しかし!御年80歳を過ぎたとは到底思えないパワフルな演奏!

032

040

私は素人ゆえ、感じたままの事しか言えませんが、

ふと・・・・・、雄大な原野の中にいるような・・・・・・・、

鈴木さんのベースが大地の鼓動のように、熱く激しく

また吹き渡る風のように優しくも感じました。

 

曲に合わせて身体を動かしながら、

大好きなJAZZ演奏に陶酔している主人。

その嬉しそうな様子は見ていて愉快な程。(笑)

 

そう言いつつも、技術を越えた〝いぶし銀〝のような独特の〝鈴木ワールド〝に

いつしか私もどっぷり浸っておりました。

 

しかしジャズって、こんなに大音量なのに、

何故?うるさく感じないのでしょう?

 

演奏途中、

「それでは今度は鈴木さんのアルバムBLUE CITYの中から

PLAY FIDDLE PRAYをおおくりします」

・・・・・・・とピアニストの田中裕士さんが話すと同時に

主人が持参したBLUE CITYLPレコードを高々上げると
会場はちょっと盛り上がる。

(鈴木勲さんが笑みを浮かべながら私達に親指を立てて下さいました!)
Good

036

終了後は各テーブルを周り気軽に言葉を交わして下さり、

持参のLPにササッとサインして下さったばかりでは無く、

な、な、なんと主人と肩を組み

友人のようなフレンドリーな写真を撮らせて下さいました。

043

045
059

気付くと時計の針は早や0時を過ぎておりました。

楽しい時間はすぐに過ぎてしまうのですね。

でもこれからはちょくちょく気分転換に来させて頂くつもり。

 

篠崎さん、スタッフの皆さま、

極上のひとときをありがとうございました。

RIVERSIDE」に幸あれ!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

熱狂、ジャズライブ! ―後編―

出演者の皆さまが会場入りされた頃が一番スゴイ雨でした・・・・・・が、

嬉しいコトに開始時刻が近づくにつれ小雨になってきました。

 

途中、川まつり実行委員会 委員長の

干野さん(㈱干野設備社長さま)が様子を見に来て下さり

「花火はやるよ!」と力強いお言葉をかけて下さる。

 

午後6時半、

まだ受付の準備も出来ていないのに、早くも最初のお客さま来場。

しばらくして、今回のライブの開催に尽力して下さった

㈱石与社長、石田さまも奥様とご来場下さいました。


8時少し前から ドドン、ドン、ドーン★
開始を告げる予告花火に続いて〝花火大会〝本番が始まりました。

(我が家の駐車場からよく見え、気忙しい中でも少し堪能)(=^^=)

070

8時半を過ぎる頃、
当初の心配は何処へやら・・・・・・・路地を次から次に沢山の人々がーーー!

来賓席を除き、あっという間に室内は満員御礼、

室外に用意した椅子もいっぱいに!
(雨はいつの間にか上がっていました)

 

092

定刻9時、「JAZZ IN TSUZAWA」開催!

いつもながら滑らかな口調で司会を進めてくれる森田さん、

予想通り?・・・・・・やはり今回も滑舌が悪く、かみかみ挨拶の主人。(~_~;)

(雨対策に追われ挨拶の準備が出来なかったのデス・・・・・・)

再び司会の森田さんの一声で、ライブスタート!

大きな拍手の中、最初は島さん(ヴォーカル)の除いた4人で登場。

演奏が始まるやいなや

一瞬で会場の空気がジャズ色に染まる。

(此処はNYか?ニューオリンズか?)

020


日景さんのお腹の中にズンズン響く、心地よいベースの音色。
成瀬さんのギターが呼応するように合わせ、
泉が溢れ出てくるようにメロディアスなフレーズを醸し出す。
加えて木村さんのリズムカルなピアノが演奏に彩りを添え、
これに海野さんのド迫力なドラムが加わり、
ステージはしょっぱなからボルテージが上がってゆく!

028


心配していたお客様の反応も意外にGood
おそらく一瞬でハートを鷲掴みにされたと思われます。
(※事実、ライブ終了後御年80歳を迎える実家の母が
「楽しかったー、ヨカッター」と興奮しておりました)(笑)

 

026

続いてヴォーカルの島さん、鮮やかなブルーのドレスで登場。

観客の視線は一斉に彼女に釘付け!

 

When You Wish Upon a Star (星に願いを)

Moon River(ムーン・リバー)

誰もが知っている曲を軽やかな唄声で歌いあげ、皆を魅了する。

 

ライブ半ば、彼女が主宰を務める〝ゴスペルメンバー〝も友情参加し、

会場はさらに盛り上がり、そのままクライマックスに。

 

083

080

主人の幼なじみのクニちゃんの、絶妙の間合いの掛け声。
鳴り止まない拍手。

 

ミュージシャン同士の阿吽(あうん)の呼吸 お客様との一体感。

ああ、感動、感激、快感です。

津沢の夜がジャズで染まりました。


059

052

048
087

035


湿度100%、不快指数マックスの最悪の気候の中、
惜しげも無く素晴らしい演奏を披露して下さった皆さま、

日景さん(Bass)、海野さん(drams)、成瀬さん(guitar)、木村さん(piano)、

そして中心となり頑張って下さった島さん(vocal)、

本当にありがとうございました。

 

106

私の稚拙な文章では、

なかなか臨場感までお伝え出来ないのが悔しい!


じつはこの日の為に思い切って一眼レフカメラを購入しました・・・・・・が、

説明書を熟読する間もなく、

とにかくヤタラメッタラ撮ってみました・・・・・・・。(^_^;)

熱いライブの雰囲気を少しでも感じて頂ければ幸いです。

 

103

サー、来年もジャズでいくぞー!

ゼッタイに、

ゼッタイに海野さんに高台のスタージで演奏してもらいたいのですっ!

 

Photo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

熱狂、ジャズライブ! ―前篇―

お盆のジャズライブが無事終了しました。

後片付けや仕事も重なり、なかなかPCの前に座る時間が無く、

ブログのアップが遅くなってしまいました。

 

今回のライブを一言でいえば

故事にある「終わり良ければ全て良し」に尽きるのですが、

これほど〝お天気〝に翻弄されアクシデントが発生し

ドタバタした事はありませんでした。

 

台風11号一過の後、

「これで大丈夫、きっと晴れる!」と思ったのも、つかの間・・・・・

九州、四国方面から凄まじい梅雨前線が北上し

各地で大きな被害が発生。

017_2

TVPCとにらめっこしながら終始気象状況を確認するも

どうにもこうにも・・・・・ただひたすら〝雨〝の予報。

溜息ばかりの私に、

「最悪の状況でも出来うる最善の努力をするコトが最も大切!

今から雨対策をする!」

と主人からお尻を叩かれました。

 

主人は急きょ野外ステージの屋根を一晩で張り出し、

ステージも一部増設するコトに。

夜半までトンテンカンテン★

(ご近所の皆さま、ゴメンナサイ)

001

かなり疲れていると思われる主人ですが、

〝気合スイッチ〝がONになったときのパワーは

若かりし頃と何ら変わらないのは脱帽。

 

お天気は時々ふと雨が上がり期待をもたせるものの、

やはりシトシトシトシト・・・・・・・・。゚+(。ノдヽ。)+

(急きょティシューでこしらえた〝てるてる坊主〝では無理だったかなぁ)

もしも・・・・・

花火は中止となれば客足は少ないのでは?とまたまた不安がよぎる。

 

3時過ぎ、音響をお願いしたSTAGE WORKSHOPの村上さん会場入り。
大量の機材を車から降ろし、急きょ商工会からお借りしたテントの下へ。
(このテントのおかげで本当に助かりました)

006_2

007

間を置かずメンバーの皆さまが予定どおり午後4時過ぎ、到着。

非情な雨はドシャ降りに・・・・・・。

 しかし臆することなく、早速リハーサルを始める出演者の皆さま。

雨、上がってー!

 

※ライブの様子は次回で。

008

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

明日、ジャズライブ開催!

いよいよ明日、ジャズライブ本番となりました。

Img_5283_2

数日前より主人は舞台作り、ベンチ作り、

庭木の剪定及び防虫剤の散布、

照明の設置、等々・・・・・

仕事の合間を見つけては連日午前様まで作業に没頭しております。

003

009

Img_5268

毎度のコトながら、

「無料のライブやろ?ここまで大掛かりなコト必要なが?」

との私の問いかけにも耳を貸さず、

「いいんや、俺がやりたいからやっとるだけや」と、汗まみれでニヤリ。

Img_5277

Img_5273

・・・・・・・ですがですが、寄る年波もあって、この2~3日は疲労もピーク!

加えて台風11号の余波のおかげで

連休の鮮魚の仕入れに大苦戦!

 

昨夜は午前1時頃に作業を中断し、3時間程仮眠をとり

朝方5時頃「少しは並んでいてくれよ!」(鮮魚)と

祈るような気持ちで市場へ出掛けてゆきました。

 

おさかな・・・・日本中で不足しているのです。

養殖すら品薄らしいです。

こんなに困ったのは近年記憶にありません。

 

しかし、当店程度のお店でさえ、こんな状況なのですから

大きな温泉旅館やホテル、回転寿司、スーパー等、

仕入れ担当者はさぞや頭を痛めておられる事でしょう。

 

加えて明日15日の予報は曇→雨、。:(。ノω\。)゚・。

エーン、エーン、ダブルパンチ!☆・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

津沢で初めての大がかりなジャズライブ。

楽しみに来場される大勢のお客様、

素晴らしい演奏を披露するため、駆けつけて下さる出演者の皆さま、

粉骨砕身準備している主人。

032

どちらも考えたってどうにもならない事と分かっているのですが、

ただただ不安と心配で溜息をついている私です。

「どうかどうか、ライブの間だけでも雨が降りませんよーに!」と、

てるてる坊主を吊るしました。(笑)

 

※最悪雨で「花火大会」が中止になっても

 ジャズライブは予定どおり開催致します。

 ・・・・が、演奏は室内となりますので、スペースに限りがあり

 かなりの混雑が予想されます。

 場合によっては室内に入れない場合もあるかもしれません。

 状況をお察し頂き、その際はご容赦願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

miwaさん「ミュージック・ジャケット大賞」受賞

先日、何気なく見ていたテレビから、

miwaさんが

「ミュージック・ジャケット大賞2014」を受賞したというニュースが

目に飛び込んできました。

Photo


同時に朝の新聞で「日本新聞協会」が、
〝読んで幸せな気持ちになった新聞記事の感想を読書から募る〝
「HAPPY NEWS 2014」のゲスト審査員に就任したという記事も!

 

Img_5263


朝食をとっていた子供たちとも
「スゴイねー、何だか嬉しい朝やねー」と、しばしmiwaさんの話題になりました。

※我が家がmiwaさんを応援する訳をお知りになりたい方は
昨年のブログをお読みください。

http://uomasatei.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-0abd.html

話しは変わりますが・・・・・先日(5日)、
来春に開業する「北陸新幹線」で使用される
W7系車両を使った走行試験が始まりました。

Img_5265


鮮やかな青と銅色で彩られた新型車両が富山平野を横断。
我が町(小矢部市)も通過して行きましたー!(私は見ていませんが・・・・・)

東京→富山が2時間ちょいで行き来出来るとのコト。

科学技術やものづくりの粋が凝縮された壮大なプロジェクト。
日本人ってすごいです。

Photo_2

正直、私が利用する機会がどれだけあるのか分かりませんが、
子供たちは

「○○のコンサートに行って来まーす」
なぁんてと気軽に出掛けて行くのでしょうね。

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

上高地

今、当店は1年中で一番暇な・・・・・いえ、のんびりした季節。

・・・・・・な・の・で、

以前からやりたかったコト、

例えば・・・・・行きたかった場所へ出掛ける、

会いたかった友人に会う、

読みたかった本を読むetc.・・・・・等々

〝人生の充電期間〝と捉え、割り切って目いっぱい愉しんでおります。

 

両親を温泉へ連れて行ったのも計画のひとつ。

続いて・・・・・・前回のブログの最後に記載しましたが、

自然(特に山)が大好きな娘に〝上高地〝の絶景を見せに行って来ました。


Img_5202_2


仕事柄、殆どお休みが平日の娘ですが、

大きな混雑に合わずに済むので出掛けるには返って好都合。(笑)

 

〝明日は休日〝という娘が帰った27日夜、
車に布団を詰め込み、

早朝に「上高地」へ到着するべく深夜0時半、家を出発!

思いがけず主人も一緒に来てくれるというのでホッ・・・・・・・。

(娘と二人の長距離は少し不安でした)

 

走るコト・・・・・神岡あたりでドシャ降りの雨!((+_+))

「嘘やろ~!(~_~;)」と、主人。

う~む・・・・・・・が、

事前に調べた「晴れ」予報を信じるしかない。

3時半頃、新穂高ロープウエイの第二駐車場へ到着後、

狭い車内でひしめきながら仮眠。

(娘はずっと爆睡)(*^_^*)

 

Img_5187

4時半過ぎ、だんだん夜が明けてくると・・・・・・、

「おーっ!見える、見える!」

徐々に灰色の雲のベールが消え、

垂直に切り立った岩肌が朝の光に姿を現しました。

 

モー、こうなったら寝てはいられません!

上高地行きのシャトルバスが出発する〝あかんだな駐車場〝へGO!

 

夏休みに入ったせいか?平日の早朝とは言え、ターミナルはなかなかの賑わい。

バスは20分程で到着。

 

Img_5217

そして・・・・・・娘の神通力が届いたのか?上高地は雲一つない晴天!

「うわぁー」と言ったきり、しばし声を発する事を忘れる娘。

美しい大自然の前には〝何も言えねー〝(笑)

Img_5211

河童橋を渡り、少し上流へ歩き、

梓川のほとりに下りて持参したおにぎりをほおばる。

その美味しいことと言ったら!

 

Img_5199

山は季節やお天気で様々な表情を見せてくれます。

今日の穂高連峰は私達を大きな懐に抱え込んでくれるように、

とても穏やかな表情を見せてくれました。

「清々しい」という言葉そのものでした。

 

Img_5194

川のほとりで仮眠している主人を残し、

娘と二人、大正池までトレッキング。

 

Img_5221

「熊、出没注意」の立て看板にビビりましたが、

音楽をかけ、大声でお喋りしながら歩きました。

気持ちよかったー♪

 

Img_5229

上高地を後にし、高山へ。

リサーチしておいたお店で〝飛騨牛ハンバーグ〝を堪能。

 

Img_5235

古い町並みを歩いた後、帰り道、古川へ立ち寄り

「四十八滝」を散策。

瀬戸川に鯉が泳ぐ「白壁土蔵街」をチラッと見て、

温泉に浸かって帰路に着きました。

濃い一日でした。

Img_5240_2


Img_5245

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »