« 「散居村の記憶」刊行 | トップページ | 秒読み! -JAZZ IN TSUZAWA- »

2015年8月 2日 (日)

瀬戸蔵山

娘 「お母さん、明日休みだから山へ行こう!」

私 「どこへ?」

娘 「白木峰!ニッコウキスゲがきれいだって!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一体どこでそんな知識を仕入れてくるのやら?

娘に問うと・・・・・・・ちゃっかり本棚から、

以前私が購入した山の本でリサーチしておりました。アッパレ!(^^



しかし残念ながら・・・・・・、
既にニッコウキスゲの盛りは終わってしまったとわかり、ガッカリ。(-_-;)

「それならば!」と、選んだ〝瀬戸蔵山〝。

 

じつは以前より履いていた登山靴がいさかか足に合わず、

(歳をとって足のサイズが変わったのでしょうか?)

幸い?娘がピッタリだったため、彼女に譲り、私は先日新しい登山靴を購入。

 

既にウォーキングの際、履いていますが、

山を歩くとどんな感じか?試してみるチャンス。

 

本によれば瀬戸蔵山は★1個のレベル1、

ちなに立山(雄山、大汝山、富士ノ折立、別山)は★★★レベル3

剱岳は最高難度の★★★★レベル4

 

行程は約3時間あまりとの記載に、

「足慣らしにはちょうどいいかな?」・・・・・・・と、安易に考えました。

 

立山山麓、粟巣野スキー場のすぐ側にある

山麓駅(標高560m)駐車場へ車を停め、

ゴンドラリフトで一気に山頂駅(標高1188m)へ。

 

やはり人気は立山(室堂付近)のようで、こちらはガラガラ。

「うわぁー、きれい~」と、私同様、山へ来るとハイテンシュンになる娘。(^^

「さあ、行こうかー」

 

木漏れ日の差し込む山道を娘とお喋りしながらゆっくりと歩く・・・・・・。


Img_1693

Img_1695

小鳥のさえずり、風の音、太陽の光を浴びた木々の美しさ。

・・・・・・・・日常から離れ、身も心も浄化されるような爽快感。

これこそが、私が山へ行きたくなる理由。



約50分で1320mの瀬戸蔵山山頂へ到着。

残念ながら立山連邦は雲がかかっているけれど、雄大。



しかし・・・・・

山頂から竜神の滝(たつがみのたき)への下りはきつかった・・・・・・(~_~;)

(出掛けにストックを置いてきたのを激しく後悔)

仕方なく落ちていた木の棒で代用するが・・・・・コレが意外にGood!

Img_1721_2



ブナ林を抜け、竜神の滝~百間滑(ひゃっけんなめ)。

長い滑床の上を水が遊ぶように駆け抜けてゆく・・・・・・・。

靴下を脱いでジャボーン!(一気に汗が引く)

気持ちいいー♪ヾ(≧∀≦*)ノ〃


https://www.youtube.com/watch?v=vGoUF-opKrA&feature=youtu.be

 


朝9時頃に自宅を出て、軽登山を楽しみ、

帰り「ホテル森の風立山」で天然温泉へ浸って汗を流し、

5時半には帰宅。

いい所に住んでいるなぁーと改めて感じた1日でした。

 

しかし!本当にレベル★1?

めっちゃ疲れました・・・・・

今朝はしっかり筋肉痛。

あ゛ーーーー!まだ、まだ、まだーー!

修行が足りません!頑張りマス!

|

« 「散居村の記憶」刊行 | トップページ | 秒読み! -JAZZ IN TSUZAWA- »

娘と・・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸蔵山:

« 「散居村の記憶」刊行 | トップページ | 秒読み! -JAZZ IN TSUZAWA- »