« Takt(タクト)10月号に掲載されました! | トップページ | 心癒されるお月さま »

2015年9月21日 (月)

唐松岳の反省

山登りが続いておりますが、

今度は日帰りで※「唐松岳」へ行ってきました。(勿論娘と)

しかし・・・・今回の登山は失敗の連続。

全くお恥ずかしい話なのですが、

無事に帰宅し、笑い話にするコトが出来たので、

〝同じ轍(てつ)を踏まない〝為に、恥を忍んでアップ致します。

Img_0747

行先を決め、前の夜におにぎりをこさえて就寝。

早朝5時に自宅を出発。

高速道路糸魚川ICを下り、白馬方面へと車を走らせる事、

約2時間半で八方駅到着。

 

八方駅→兎平駅→黒菱平→八方池山荘まで約30分。

比較的整備された登山道、

美しい高山植物との出会い、唐松岳の山容に想いを馳せ心が高ぶります。

9時出発

「いざ、ゆかん♪」

 

Img_0753jpg

あいにく山にはガスがかかっていて視界が悪い。

(晴れていたら白馬三山の雄姿が見えるはずなのに)

・・・・・・とは言うものの、雲の切れ間から時折青空が!

期待をこめて歩を進める。

山々は既に秋の気配が漂い、

吹きあがってくる風が汗ばむ身体に心地いい。

「色づいてるね、きれい・・・・、おー写真、写真」・・・・・と、

「あっ!カメラ忘れたー!」失敗その①

(わざわざ出掛けに充電までしておいたのに・・・・・アホですわ)

「まあ・・・・スマホがあるから(^_^;)

(気をとりなおして先へ)

 

 

Img_0766jpg

歩いていると当然喉が渇きます。

(水分補給はとても大切)

じつは先月行った「剱澤小屋」までの道中、

持参した飲み物が全く足りず、辛かった苦い反省があり、

今回はザックの両ポケットにしっかり持参・・・・・・ところが!

一口飲んだだけのスポーツドリンクを娘が谷底へゴロゴロゴロ・・・・・

あっと言う間に見えなくなり・・・・・・

「アアアアアーーーー!」((((;;Д;;))))失敗その②

(有ろうことか山にゴミを捨ててしまいました・・・・・・・(-_-;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(何だか今日は、しょっぱなからイヤな予感)

 

 

Img_0764jpg_2

しかし、

早くもバテ気味の娘とは対照的に、
今日の母は身体が軽い!

途中、登山道を反れて「扇ノ雪渓」で雪と戯れ、

景色を愉しみながら、
約3時間で「丸山ケルン」2035m到着。

ゆっくりと昼食をとるコトにする。

不帰ノ瞼(かえらずのけん)、Ⅰ峰、Ⅱ峰、Ⅲ峰が

時折、雲の間から険しい姿を見せてくれる。

下りて来る人の話では、あと二山程超えるらしい・・・・

「うーむ、頑張ってゆくゾー!」

 

Photo

Img_0768jpg_4



やがて前方に「唐松岳山荘」が視界に入る。

山荘回りにリュックを置いていく人もいるけれど、

日帰り組の私達はザックをしょったまんま目の前に見える最後のピークへ。

 

途中休憩も含め、出発から約4時間半、

午後1時40分、唐松岳山頂2696m到着。

Img_0774jpg

あいにくのお天気で展望は望めませんでしたが、

意外に元気に山頂へたどり着けたコトに自分自身驚きました。

 

・・・・・・と、ここからが最大のミス発覚。

山頂で一緒になったご夫婦(仮にAさん)と言葉を交わした際、

 

Aさん「今夜は山荘で泊まられるのですよね?」

私  「いいえ、帰ります」

Aさん「エッ・・・・でも下りのリフトは4時か4時半で終わりじゃなかったですか?」

私  「ハッ!エッ!? ヒャアア工工エエ━━(((-( ( (゚´Д`゚;) ) )-))) ━━ !!!!!

(とっさに・・・・・いや、ようやく

リフトを下りた際、壁に最終時刻が記載してあったのをぼんやり思い出す)

 

失敗その③

私  「間に合わなかったらどうすればいいんですか?」

Aさん「その時は山小屋に泊まるしかないでしょう?」

私  心の中で・・・・(一回下ってまたここまで上がるなんて無理!)

 

居合わせた大きなザックをしょった若い男性に

「間に合いますかね?」と尋ねると、

「ちょっと厳しいんじゃないの?」との答え。

 

時計を見ると・・・・午後2時05分!

私&娘「マジー!ヤバイ!やばい!やばい!下りるよー」

 

・・・・・・・と、言うが早いか、転がり落ちるように来た道を戻り、

休憩もとらず、途中、途中駆け足で、急いで急いで

約1時間40分で・・・・見事?山頂から約900mの高度差を下り、

リフト乗り場へとたどり着きました。

Img_0778jpg

今思えばあまりにも初歩的なミスで本当に情けなくなります。

頭の隅っこにでは覚えていた筈なのに、

ふと・・・・いや、完璧に飛んでおりました。

 

こんな風な小さなうっかりミスでも、コトとしだいによっては

大きな事故につながる時もあるでしょう。

最近少し調子に乗っていました・・・・・

〝楽しい山〝だけを求めて浮ついた気持ちで出掛けていたコトを深く反省。

(翌日はお互い仕事でした)

とにかく怪我をしなくて本当に良かった。

事故無く、無事に帰れて本当に良かった。

反省、反省、反省!

 

Img_0786

山田哲哉さんの「山は真剣勝負」を読み終え、今

「遭難者を救助せよ」富山県警山岳警備隊 

-極限の任務に立ち向かう男たち- を読んでいます。

 

夜高あんどん祭の折、

ネパール募金がご縁で光栄にも知り合う事が出来た

元富山県警山岳警備隊 隊長でいらした椙田正さんが贈って下さいました。

 

最初の数ページを読んだだけで

今の甘い私の頭をガツン!とぶん殴ってくれたように感じます。

再度、反省します。(=_=)

 

 

※唐松岳 富山県東部、長野県白馬村との県境にある山。標高2696メートル。
飛騨山脈の後立山連峰の一。途中にある八方(はっぽう)池からは、白馬岳・
鑓ヶ岳・杓子岳の白馬三山が望める。

 

 

 

 

|

« Takt(タクト)10月号に掲載されました! | トップページ | 心癒されるお月さま »

娘と・・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唐松岳の反省:

« Takt(タクト)10月号に掲載されました! | トップページ | 心癒されるお月さま »