« 三辺 淳さん 追悼① | トップページ | 第3弾 JAZZ IN TSUZAWA ポスター&チラシ完成 »

2016年4月27日 (水)

三辺 淳さん 追悼②

屈託のない人柄にすぐに打ち解け、

私は店の色々な事を堰(せき)を切ったように話し、

彼は静かに、うなずきながら聞いてくれました。

 

そして

三辺 「良ければ暮れのTSTガイドに広告を載せてみませんか?」

   「エッ・・・いいお話だけど掲載料高いんでしょう」

三辺 「いや、ひと枠5千円ですよ」

  「ホント!それなら2枠、1万円分のスペースもらえないかなぁ?」

三辺 「わかりました!上司に聞いてみますね」

 

そして翌日

「魚政さん、2枠OKでーす!」と連絡をくれました。

Img_3068_3

 

・・・・・・・彼の逝去の後、別の方から聞いたのですが、

当店が2枠のスペースをもらうにあたって上司にかなり反対され、

それを淳さんは懸命に説得して下さり、枠を確保してくれたというコトを知りました。

 

初めて雑誌に宣伝した効果は、予想を超える手ごたえでした。

以後、淳さんはさらに無料のコーナーの掲載等アレコレ勧めて下さり、

閑古鳥だった当店は少しずつ予約が入りはじめました。

 

来店された方は口々に

「こんなお店があったなんて知りませんでした。宣伝しておきますね」と、

言って下さいました。

 

以後、主人はさらに改装に力を入れ、淳さんは仕事の合間に

ちょくちょく訪ねて下さるようになり、

いつしか仕事の話のみならず、お互いの事、家族の事、

趣味の事まで、何でも話せる気の置けない友人となりました。

 

ちょうど車庫だった小屋を

別館「月あかり」に改装中の頃だったと思います。

「ちょっとの間にエライ変わってゆくね~、いや、旦那さんはスゴイわ!」と、

はにかんで笑っていましたっけ。

 

ある時・・・・・・、

「淳さん、お店のパンフレットを作ろうと思うんだけど、

私、写真がうまく撮れなくて」

そう話すと

「じゃ、僕が撮ってあげっちゃ!」と即座に申し出て下さり、

休日返上で撮影して下さいました。

(大そうカメラがお好きな方だったのです)

 

(我が家のPCには今も〝三辺淳撮影〝というフォルダがあり

大切に保存してあります)

Img_3071

走馬灯のように12年が過ぎました・・・・。

どん底だったあの頃に比べると今は奇跡のようです。

砺波、福野、福光、城端、井波、高岡等、近隣の町から

またお隣の石川県、遠くは長野県、東京・・・・・・

信じられない所からご予約が入ります。

「ネットで知りました」と、東京や大阪からお見えになるケースも!

おまけにコンサートまで開催出来るようになったなんて・・・・・・

当時を思うと信じられません。



 

12年前のあの日、三辺さんと出会えたおかげで、我が家は蘇ることが出来ました。

出会ってからの8年間、

彼は徐々に変わっていく魚政亭をいつも温かく見守っていて下さいました。

私達に再起のキッカケの種を、沢山たくさんまいて下さいました。

折れそうな不安な心を、笑顔で励まして下さいました。

お世話になった事が多すぎて・・・・すべてを書くとキリが無い程です。

感謝してもしきれません。

 

 

4年前の7月、

「最近、淳さん来ないねー、忙しいのかな?」と話していたところ

知人から淳さんの訃報を知らされました。

 

いつものように仕事を終え、帰宅。

その夜、突如自宅で倒れ、病院での懸命の治療の甲斐も無く

数日後に亡くなられたそうです。

動脈瘤解離(どうみゃくりゅうかいり)という心臓病だったそうです。

 

散々お世話になりながら、ご葬儀に手を合わせる事も叶わず、

後悔ひとしきりでした。

正直、今でもまだ信じられず、

あの人懐っこい笑顔で訪ねて下さるような気がしています。

 

 

先日、祥月命日の4月24日、

「90周年記念祭」のJAZZライブのチラシを持って

TSTのKさんと一緒にご自宅を訪ねました。

 

笑顔で出迎えて下さった奥様。

ちょうどお経を唱えにご住職様がお見えになり、

霊前で手を合わせることが叶いました。

 

思い出話を沢山させて頂き、最後に4年間ずっと考えていた事・・・・・

HPの写真の隅に 撮影/三辺淳 と記載させて頂く旨、

淳さんとの思い出をブログに実名でアップする事を

快諾して頂けました。

Img_3074

自営業はこれからも波瀾万丈だと思いますが、

今日、1日健康で無事に過ごせたコトに感謝し、

淳さんの御恩を忘れず、

これからも主人を支え頑張ってゆきたいと思います。

奥様からお借りした写真を掲載致します。

忙しい中、「砺波子供歌舞伎」「砺波夜高あんどん祭」等の

お世話もよくされていたそうです。

「カメラが好きでしたが、人を撮るばかりで自身の写真が

殆ど無いんです・・・・」と苦笑しておられました。


Img_20160424_0002


淳さん、これからも見守っていて下さいね。(合掌)

※最後まで読んで下さった皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

 

|

« 三辺 淳さん 追悼① | トップページ | 第3弾 JAZZ IN TSUZAWA ポスター&チラシ完成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三辺 淳さん 追悼②:

« 三辺 淳さん 追悼① | トップページ | 第3弾 JAZZ IN TSUZAWA ポスター&チラシ完成 »