« 創業90年記念感謝祭  -第3弾 JAZZ IN TSUZAWA-開催決定! | トップページ | 立山「雪の大谷」 »

2016年4月 9日 (土)

灯明皿(とうみょうざら)

先日、昨年4月に逝った

君子おばちゃんの一周忌法要が無事に終わりました。

親戚が集い、思い出に花を咲かせました。

昨年もちょうど桜の満開の頃でした・・・・・。

http://uomasatei.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-07e4.html

 

Photo

ただの偶然なのか・・・・・

何故か?ここ数年、桜の季節に大切な人が逝ってしまいます。

 

今年は私達夫婦にとって、

お客様であり、友人であったSさんが逝去されました。

いつも愉快な話を沢山聞かせて下さった、優しい笑顔の素敵な方でした。

 

先日奥様が訪ねて下さり、

「主人が大切にしていましたが、良かったらお店で使って下さい」と

ご主人様がわざわざ作家さんに作らせたという※〝灯明皿〝を戴きました。

 

素朴な素焼きの皿です。

灯心にそっと火をつけると・・・・・・

闇の中、

生き物のようにゆらゆらと揺れながら光を放ちます。

Sさんはどんな気持ちでこの灯りを見つめていたのでしょう。

Img_2958


じーっと・・・・・・・静かに、静かに、ゆらめく炎を眺めていると、
色々なコトを思い出して・・・・・・思わず胸が熱くなりました。

 

まあ、いいや・・・・時にはこんな夜があってもいいでしょう・・・・・ね?

 

 

 

【灯明皿】(とうみょうざら)

油に灯心を浸して点火し,明りとするための器。

人類は火を使用することによって,暖と明りを得たが,ある段階から土器を使用して

明りだけを得ることができるようになった。日本では縄文時代中期の釣手土器を最古

の明りとりの土器とする説があるが,確実な例が現れるのは飛鳥・奈良時代に杯・皿形

の土師器を用いるようになってからである。当時の宮都から出土する土師器杯には,

灯心の痕跡を残すものがあり,油を満たした杯に灯心を浸して,灯火器として用いた

ことがわかる。

 

|

« 創業90年記念感謝祭  -第3弾 JAZZ IN TSUZAWA-開催決定! | トップページ | 立山「雪の大谷」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 灯明皿(とうみょうざら):

« 創業90年記念感謝祭  -第3弾 JAZZ IN TSUZAWA-開催決定! | トップページ | 立山「雪の大谷」 »