« ベビーベット設置 | トップページ | 年末のご挨拶 »

2016年12月19日 (月)

モリス教会の調べ

一昨日、山本有希子さんの企画・演出による

金沢モリス教会でのクリスマスコンサート

-歌とハープによる聖なる調べ-・・・・を聴きに行って来ました。

Img_2248

犀川のほとりに建つレンガ造りの教会は

一見質素だけれど、可愛らしく、恋人達が愛を誓い合うにふさわしい。

 

日が傾く頃、厳かに始まったコンサート。

教会というシュチュエーションはXmasムードにぴったり。

その上、礼拝堂はリバーブ(残響音)効果抜群!

まるで天国のような夢の世界へと私達を誘う・・・・・・。

Photo

何と言う空間!何と言う時間!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その場に居合わせた人しか体感出来ない

〝魂〝を揺さぶられるような

心を浄化されるような・・・・・

筆舌に尽くしがたい程、素晴らしい舞台でした。

Photo_4

Jpg333333





伸びやかな有希子さんの歌声は、暗闇を貫く一筋の光のよう・・・・・・・・。

(ソプラノと言うとキーンと高音なイメージがありますが、

彼女は包み込むような柔らかさも同時に持ち合わせており、

とてもあたたかい

 

水のせせらぎを想像させる美しいカタチのハープ。

平尾さんが触れると・・・・・・

まるで金の糸を紡いでいるが如く、

たおやかな指先から透明感溢れる旋律が織りなされる。

(ロバートの「引き潮」は圧巻でした)

 

小鳥たちのさえずりのような

可愛らしく軽快な多田さんのフルートも色を添え、

ギリシャ神話の世界から抜け出てきたように美しい御三方の演奏は

一瞬の瞬きも惜しい程に素晴らしいものでした。

Jpg55555_2

私は難しい音楽の薀蓄(うんちく)は語れませんが、

最近はふとした些細な出来事でも、心を揺さぶられ

つい目頭が熱くなってしまいます。

(おそらく・・・・これを年と言うのでしょうが、

時にそんな自分の感受性を愛おしいと思います)

 

ステンドグラスが美しい聖なる礼拝堂・・・・・・、

夢か幻か?時折、彼女達の頭上に

天使が戯れている様子が見えるように感じました。

楽しそうで幸せそうでした。

 

舞台は貞潔でありながら情熱と、表現力に満ち溢れていました。

沢山のエネルギーを戴きました。

Photo_3

そして・・・・・・・・・

間もなく役目を終える「モリス教会」にとって、

最後のレクイエムになったに違いない。

 

※文中の多くの写真は八嶋秀行さんのFacebookよりお借りしました。

 

|

« ベビーベット設置 | トップページ | 年末のご挨拶 »

イベント・コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モリス教会の調べ:

« ベビーベット設置 | トップページ | 年末のご挨拶 »