« 冬の上高地・・・・・そして富士山へ① | トップページ | 隣家、解体終了! »

2017年3月 7日 (火)

冬の上高地・・・・・そして富士山へ②

冬の間ウォーキングをさぼっていた私にとって、

雪の上高地の行軍は想像以上に疲れました・・・・・・。

 

山田さんのお言葉に甘えて、

河口湖畔のペンション「クレッシェンド」に到着した頃には

既に日は落ちて暗くなっていました。

「ありがとうございました!」と、深々と頭を下げる。

(絶景が見られた事は勿論、送って頂き本当に助かりました)

・・・・・・・と、いうコトで

富士山と河口湖を望む高台の宿 クレッシェンドに到着!


http://www.crescend.com/

Jpg2

暖かい部屋へ案内され、座り心地のいいソファーに腰を降ろすと

温かいウェルカムドリンク(優しい味わいのハーブティー)が運ばれて来ました。

・・・・・・・・と、次の瞬間、オーナーと思しき方が屈託のない笑顔で

「ようこそいらっしゃいませー、只今より一曲ウェルカムソングを歌いま~す」と、

言うが早いか、ギターを手に取り、

Almost heaven, west virginia

Blue ridge mountains, shenandoah river・・・・・・・」と唄い始める。

Country roads, take me homeTo the place, I be-long・・・・・・・」

声を高らかにジョン・デンバーのカントリーロードを熱唱して下さいました。

(娘は宮崎アニメの「耳をすませば」の主題歌として記憶に新しい)

心憎い演出です

Img_2821jpg1

案内された部屋の窓からは、晴れると富士山が眼前に広がるらしい。

明日の予報は・・・・・・雨⇒晴れ!(=_=)微妙・・・・・・・。

 

ご夫婦の手の込んだ美味しい御料理をペロリとたいらげ

(お腹が空きすぎて・・・・・写真を撮るのをすっかり忘れていました)

美味しい地元産ワインの酔いもまわり、知らず知らずに夢の中

 

しかし・・・・夜中ガタガタと風で窓枠が鳴る音で目が覚めました。

おまけにベチャベチャと雨音が・・・・・(=_=)

悪い予感は的中。

夜が明けても富士山は全く見えません。

 

朝食時、オーナーさんが

「でもね、午後からは晴れてきますよ!必ずとは言えないけれど可能性はありますよ」

気の置けない友人から早速メールが入り

〝ナンナラ上野へ出て、ロッカーに荷物預けて美術館巡っても楽しいよ〝

勿論それもアリだとは思ったのですが、何せ人ごみが苦手な私達。

前日の疲れもあり、河口湖駅近くでレンタカーを借り、

周辺をゆっくり散策しながら、富士山が見えるのに希望を繋ぐコトにしました。

偶然ですが、当日はとってもラッキーな日でした。

223日・・・・・・「2」ふ、「2」に(じ)、「3」(さん)、

なんと「富士山の日」だったのです!

おかげで近隣の美術館等は全て無料!ラッキー☆

Img_2835jpg5

まずは猫のダヤンの「わちぃふぃーるど」を描いた

池田あきこさんの原画が展示されている「河口湖木ノ花美術館」へ。

建物がとっても可愛くて素敵です。

入り口で〝王様ダヤン〝が出迎えてくれます。

Img_2837jpg7


店内や絵を満喫した後、グッズをゲットし、

「河口湖オルゴールの森美術館」へ移動。

 

ちょうど、100年前のオルゴールと唄のコンサートが開催されていました。

まるでオーケストラが中に入っているのでは?と、思う程

本格的な演奏に驚きました。

併せて、声楽家の田巻純江さんの素晴らしい唄声。

今日の為に特別に作ったという、楽譜(穴の開いたロール紙)

タイトルは「富士の山」。

「あーたまを雲の上に出し~・・・・」

嬉しい♪(やっぱり日本人なんですね)

Img_2850jpg11_2

田巻純江さんと記念写真をパチリ。

・・・・・・じつは、後ろの自動演奏楽器。

本物のタイタニック号に搭載予定だったのだそうです!

完成が出航に間に合わず難を逃れたのだとか・・・・・・まさに奇跡の音色です。

 

 

昨日とは別の至福のひとときを満喫した後は、

また「河口湖木ノ花美術館」へ戻り、カフェ「オルソンさんのいちご」でランチ♪

娘はガッツリ和牛ハンバーグ、私はピザを頂きましたが、

これが予想を上回る美味しさ!

Img_2858jpg13

Img_2942

それに・・・・想いが通じたのか?徐々に富士山の雲が晴れてきます。

太陽も顔を出しました!ヤッター!

 

気の向くままに周辺をドライブ。

(やはり車は楽です・・・・重いザックも背負わなくていいし)

最後は日本一の富士山の絶景ポイントと言われる「河口湖自然生活館」へ。

風に吹かれながら・・・・・ベンチに腰掛け、ただただ富士山を眺める。

夕暮れが近づき景色が色濃くなって来た頃、

ついに山頂部の雲が切れ、富士山がスッキリと姿を現してくれました!

粘り勝ちです!大満足。

Img_2963

「思っていた以上に大きく、そして裾野が広く・・・・美しい山

見る事が出来て本当に良かった」と、

娘も大そう満足したようでした。

 

Img_2965

Img_2960

今回も一生の思い出に残る娘とのふらり、二人旅でした。(笑)

河口湖駅発~東京駅行き1730分の高速バスに乗り、

東京駅2012分発、はくたか577号で23時過ぎ、無事新高岡駅到着。

主人が待っていてくれました。

楽しかった。

お世話になった皆さま、ありがとうございました。

|

« 冬の上高地・・・・・そして富士山へ① | トップページ | 隣家、解体終了! »

娘と・・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の上高地・・・・・そして富士山へ②:

« 冬の上高地・・・・・そして富士山へ① | トップページ | 隣家、解体終了! »