« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月26日 (月)

梅雨

梅雨に入りました。

シトシト静かに降る雨を私は嫌いではありません。

庭の木々たちは「待っていました!」と言わんばかりに

ゴクゴク美味しそうに雨水を飲み干す音が聞こえてくるようです。(笑)


Img_3675_2





しかしながら、50歳も半ばに近づくと、

気候の変動はダイレクトに身体に不調を及ぼします・・・・・・・。

夜半からひどい頭痛と耳鳴りに襲われ、

(じつは長年の頭痛持ち)

カーテンを開けると案の定、どしゃ降り!

憂鬱な朝・・・・・

こめかみを押さえながらソファーに座り、しばらく動けない。

(=_=)

 

Img_3673_4

Img_3679_2




姉が額紫陽花(ガクアジサイ)を持ってきてくれました。
きれいです。
家事を済ませ、雨に濡れた庭を眺めながら
熱い珈琲でホッと一息。

Img_3672_3




あれこれやりたい事、やらなきゃといけない事は沢山あるけれど、

時にはこんな風にゆったりと・・・・・

時間の流れに身を任せるのもいいかもしれません。

皆さまもご無理をなさいませんよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

2017津沢夜高あんどん祭 -ジャズライヴ-

祭り2日目はどうにかお天気が回復。

当夜は大きな宴席があり、厨房は朝から慌ただしい。

 

今宵は沢山の観光客が祭りを・・・・・・そして

当店の休憩所を利用する事が予測され、

サービスの珈琲を、午後、早目に淹れ始める。

2.2リットル入る保温ポット3つを満タンにし、

更に汁物を保温するジャーにポット3つ分。

計、13リットル以上を準備。

 

夕方近く、ライヴの出演メンバーが到着。

順調にリハーサルが始まる。

18892913_804489789732465_56984185_3

6時過ぎ、

毎年祭りになると必ず富山市から多人数様でご利用下さる

T社御一行様をお出迎え。

途中までは御料理もスムーズに出て、いい感じ・・・・・・と思いきや、

ライヴが始まるやいなや、

セルフサービスの珈琲コーナーに人が殺到、

アッと言う間にポットが空に!\(o)/!

 

加えて、宴席会場からもドンドン入るドリンクのオーダー、

淹れても、淹れても、一瞬で空になるポット。

(ドリップで淹れる本格的な珈琲ゆえ、それなりに時間がかかるのデス)

厨房は予想を上回る大戦争状態!

(身体が3つくらい欲しい!)

 

御料理もいささか遅れ気味・・・・・

(わーん、どうしよう!)気は焦るが身体はひとつ(泣)

ところが・・・・・、

今日の宴席会場から見える外の様子はいつもと違う!

Img_4210

威勢のいい掛け声と共に曳き回される〝夜高あんどん〝、

軽快なリズムのジャズ演奏が宴会場に響き、

お客様は「おっ」という感じで、窓から双方の様子を愉しまれていたようです。

(おかげで、しばし時間の猶予を頂けました)

 

中本美智子さん(V)、木村郁絵さん(P)、中山トモさん(b)

3人による素敵なコンサートは12部共に大盛況。

(私は2部の終り頃に少しだけ聴く事ができました)

 

2日間で出た珈琲は約400杯、

クッキー100個、クロワッサン30個は全て完売致しました。

 

祭りも大きな事故無く終わったようです。

(庭や駐車場等、祭りモードにライトアップしたのですが・・・・

すっかり写真を撮り忘れました)(~_~;)

Img_4216

Photo

翌日はさすがに疲労困ぱいでしたが、

言葉に出来ない充実感に包まれました。

来年も更にパワーアップ出来るよう、

一歩一歩精進致します!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

2017津沢夜高あんどん祭 -金平町長との再会-

6月2日、初日 

小雨がぱらつく不安定な曇り空・・・・・・・

津沢こども園の園児たちによる

「ちびっこあんどん練り歩き」は園長先生と相談の上、

午後からに変更。

(この判断は正しかった)

Img_3504

Img_3459




急な変更で親御さんは少な目だけど

今年は広くなった駐車場で、

安全に夜高節を歌い、太鼓を披露してもらうコトが出来ました!

 

夜になり、何とかお天気は回復したものの、

6月とは思えない寒さに凍える幼子を連れた親御さんが

次々と暖を取りに当店へ。

(これはこれで無料休憩所の意味はあるようです)


Img_3461

 

夕方になると何とか雨があがり、ホッ・・・・・。

毎年お馴染み、まきたみちよさんの軽やかなピアノ演奏が始まる。

初日の仕事は仕出しのみだったので、

主人は例年に無く来客とゆっくり話す事が出来ました。

 

・・・・・・・・と、市会議員のFさんが息せき切って入って来て

「女将さん、※北海道沼田町の金平町長が見えてますよー!」

「エッ?」

慌てて別館へ走ると、懐かしい金平町長が立って私を迎えて下さいました。

思い起こすと小矢部市制50周年記念式典の折、

沼田町の金平町長他沼田町の一行様を囲んでの懇親会が当店で行なわれ

以来、5年ぶりの再会です。

 

その折、恥ずかしくも宴席でご挨拶をさせて頂いた私の事を

覚えていて下さったのです!

(いやはや・・・・・こんな嬉しい事がありましょうや・・・・・・・)

http://uomasatei.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-e5b6.html

Img_3470

色々お話をさせて頂くうち・・・・・・ピンッ!っと、

不思議青年〝東出君〝の顔が浮かび、

 「是非会って頂きたい若者がいるのです!」とお願いし、東出君に緊急連絡!

 「すぐに来てー!ナウ!」と携帯で叫ぶ。(笑)

あんどん祭りを深く研究している彼。

 (今年も8月に沼田町の夜高あんどん祭りを見に行くはず)

http://uomasatei.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/index.html

 

 

慌てて駆けてきた東出君は、

金平町長を見てすぐに誰か分かったようです。

 (あんどん広場で遠くから町長を見ていて
「話してみたいなぁ・・・・・・」と思っていたらしい)

大そう喜んでくれました。

 

 

 「今年は制作段階からお邪魔したいです」と彼。

 「そっかぁ、それじゃ、来る時は連絡して・・・・」

 ・・・・・という具合に話しはトントンと運び、

 高揚する横顔を見ながら、いい御縁を繋いであげられた事に

 私自身、とても興奮していました。^^;

 

Jpg3333

Photo

 

 







昭和52年、副団長として沼田町へ赴き、

約2週間に渡り、夜高あんどんの制作指導を行なった亡き義父。

その折、制作が行われたのは、

今回金平町長と一緒に見えられた、

商工会長吉住さんのご自宅の倉庫だとお聞きし、またまたビックリ!

おそらく吉住さんのお父様と義父は面識があったことでしょう。

 (義父が生きていたらどんなに喜んだことか・・・・・・)




Photo_2

Photo_3

 

古いアルバムからそれと思しき写真を探し出しました。

沼田町の皆さんと一緒にとびっきりの笑顔を見せる義父の姿。

39年前の写真ゆえ、掲載してもいいでしょう。

きっと吉住さんのお父様も義父と一緒に写っているのではないかしら?




Photo_4


 

息が白くなるほど寒い夜ですが、心はポカポカ

忘れられない「2017津沢夜高あんどん祭」初日となりました。

金平町長様、吉住様、横山様、市議のFさん。

本当にありがとうございました。

 

翌日のジャズライヴの報告は次回で!




※沼田町 北海道のほぼ中央に位置する沼田町は明治15年、津沢出身の沼田喜三郎が
49歳の時、
妻子を残し北海道へ渡り開拓。明治27年に故郷より18戸の移住を勧誘して
「沼田町」の基礎を
築いた。大正11年に村の呼名を「沼田村」(現在の沼田町)と定めた。

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »