« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

長男、旅立ちから一年

長男が数年間勤めた会社を辞め、

全く未知数の料理人の世界に飛び込んでから

9月で1年が経ちました。

 

左利きゆえ、最初は右手に包丁を持つことすら

大変だったようです。

慣れない手に包丁を持ち、朝から夕方まで延々と魚と格闘!

その後、盛り付け~焼き場~揚場等など、

次から次へと新しい持ち場を経験し、日々修行に励んでいます。

 

時々は帰宅するものの、ゴロリと横になるとすぐにウトウト・・・・・

かなり疲れているようです。(-_-;)

大方予想はしていましたが、聞くとその仕事内容と就労時間は

想像をはるかに超えたハードそのもの!

詳しくは書けませんが、

本当によく耐えて頑張っているなぁ、と感心します。

(入社して間もなく辞めていく社員も多いそうです)

 

Img_3950

幼い頃はよく泣く子供でした。

朝、目を覚まして泣き、眠いと言っては泣き・・・・・

私の胸に顔をうずめながら、

実家の母の背中に負ぶわれながら、

いつも涙で顔をグチャグチャにしていた様子が

今も思い出されます。

 

2

 

昨今の世の中の移り変わりの早さは料理屋も同様で、

店を守りながら三人の子供を育てるのは

それなりに試行錯誤の連続でした。

 

理数系に強く、物作りが好きだった主人。

若き日に企業戦士を目指した日々もありましたが、

病気になった母と障害のあった弟を支える為、

家業を継ぐ決心をしました。

 

一方、デザイン事務所で働いていた私も

まさか自分が料理屋の女将になるとは想像もしていませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・向いていない夫婦が生きて行く為に

知恵と工夫で、これまで何とかやってきました。

ゆえに・・・・

〝息子には絶対に家業を継がせたくない〝

そう思っていました。

Photo

 

しかし・・・・・・

主人が手前大工で館内外を改装した成果が徐々に実を結び、

「大正浪漫の料理屋」として、

TVや雑誌に取り上げられるようになった今、

息子は〝自分の代で店を終わらせてはならない〝

・・・・・・そう考えるようになったようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〝こんな棘(イバラ)の道を歩ませていいのか?〝

考えると止めども無く不安が溢れてきます。

 

Jpg333_2

それでも・・・・・・私達(親)のコト、店の未来、自身の将来、etc

熟慮の末、勇気をもって大きな決断をしてくれた息子に

心から感謝すると共にエールを送りたい。


この先は、主人と共に健康に留意し、一日でも長く息子を支え、

応援してゆきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

鯉が恋して「愛」誕生♥

我が家には、上と下に分かれている2つの池があり、

鯉は上の池だけで飼っています。

(常にサギが狙っているので、しっかり網が張ってあります)

Img_4287

以前は両方に鯉を泳がせていましたが、

下の池には冬場、雪を入れ込んで融かしているので、

普段は水が溜めてあるだけ・・・・・・

よって夏場は暑さですぐに水がぬるみ

藻やオタマジャクシが大量発生するので、

定期的に水を抜いて掃除をします。

 

 

少し前のコト、

「しばらく池の掃除をしていないなぁ」

・・・・・・と思いつつ、下の池を見ると・・・・・・

季節はずれのオタマジャクシがウジャウジャいてビックリ!

足も生えてきています。

(おそらく全部カエルになると数百匹でしょう!)

「うわぁ~」\(o)/!

 

すぐさま排水の筒を外し、大量のオタマジャクシを

川へと続く排水路へザザーッと流していた時のコト・・・・・・。

なにやらスイスイ泳ぐオタマジャクシとは違う生き物を発見!

よくよく見ると、な、な、なんと、

小さな鯉が元気よく泳いでいました!

Img_4246

どうやら今年の夏場に〝鯉が恋〝をしたようで・・・・・

二人の・・・・もとい!二匹?の「愛の結晶」が誕生したようです

慌てて排水を中止し、網でそっとすくい上げました。

Img_4261

模様から察するに

時々、石の隙間から下の池へと脱走していた

金色の鯉の稚魚と思われます。

こんな珍事は鯉を飼い始めてから初めて!

まだ4~5センチ位ですが、

大切に成長を見守りたいと思います。

大きくなぁれ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

花の四期会「風の盆ツアー 2017」

先日、主人の母校、

「国立沼津工業高等専門学校」時代の旧友の皆さま、総勢9名が

二泊三日で我が家を訪ねて下さいました!

Img_4244_3

北川さん、櫻井さん、鈴木さん、疋田さん、藤波さんは

前回、約45年ぶりの再会後、5年ぶり、

http://uomasatei.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-8719.html

 

山口さんは昨年箱根で・・・・・感動の再会。

http://uomasatei.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-23de.html

笠井さん、高橋さん、牧野さんとは約半世紀ぶりの再会です!

 

数日前からの主人のはしゃぎようは、

傍で見ていてもまるで子供のよう。(笑)

「何処へ案内しようか?お土産は何がいいかな?」等など・・・・・

地図を片手に井波~城端~金沢と・・・・リサーチもしておりました。



今回〝様々なオプションの選択が可能〝との理由から、

「エエーッ、それは悪いよ~!」と、強く、激しく遠慮する皆さまに

半ば無理やり当家での宿泊を提案(強要?)

40畳の宴会場にて、合宿さながらに雑魚寝をして頂くという、

手加減無しの私流のおもてなしを実行させて頂きました。(笑)

Img_4227

 

9月2日(土)午後3時過ぎ、

新幹線やマイカーにて、東京、神奈川、静岡等から

懐かしい旧友の皆さまご来店!

「いらっしゃい、久しぶり、いやお互い老けたな~・・・・」

旅の疲れは何処へやら・・・・・・満面の笑顔がはじけました。




Dsc03216

Img_4326


一旦、家に入ってお茶を飲んで頂いた後、

皆で 福光温泉「ぬくもりの郷」で汗を流したのち、

中華料理「青龍」で宴会。

山口さん持参の高級そうな紹興酒を皆でグイグイ飲み、

大いに呑んで語り、盛り上がったそうです。

(私は行っていないので主人談)

Dsc03221

我が家へ帰宅後は主人の提案で

仲良しの大道知子さんにピアノ演奏を依頼。

Img_4333

Img_4329




「エッ、観客は僕らだけ?」

「うわ~、贅沢」

 

いつもながら美しく軽快な知子さんのピアノ演奏。

ビールとおつまみで、二次会スタート~♪

・・・・・・・と、ここで私からのサプライズ遂行。

 

〝おそらくは気分が高鳴り校歌を歌うであろう〝・・・・・・・との予想から

知子さんに校歌の伴奏を依頼するべく、

数日前に勇気を出して沼津高専事務局へ電話。

理由を説明し、校歌の楽譜をメールで送って頂き、

すぐさま知子さんへ転送。

大きな文字で校歌を印刷した歌詞カードも用意しておきました。

Dsc03226

そのタイミングは意外に早く、

満を持して知子さんが伴奏すると・・・・・・

一同「エエッー!?」  と、びっくり顔。うふふ♪

訳を暴露し、改めて校歌斉唱。

誰とは無く起立し、声高らかに懐かしい校歌を歌う様は

傍らで見ていて・・・・とても感動しました。


Photo

Img_4341



すぐさま動画をYouTubeにアップ。

https://www.youtube.com/watch?v=kpWC7KsPr94

皆さん、とても喜んで下さり、私も嬉しかったです。

(サプライズ大成功


Img_4343

翌日は富山県が誇る霊峰立山へ。

弥陀ヶ原では霧がかかっていたそうですが、

室堂へ到着と同時にパァーっと雲が晴れ、

スッキリと雄山を見る事が叶ったそうです。




Dsc03253

Dsc03308_2

Dsc03309jpgaaa
Dsc03296

Dsc03295




帰宅後、夜は魚政亭で大宴会後、おわら風の盆へと出発。

主人のミスで道に迷うというハプニングもあったようですが、

風情ある街並みと幻想的な踊りは堪能して頂けたようです。

Img_4238


Img_4348

Img_4235



Img_4347

Img_0673


Dsc03314

Img_0681


この三日間、私まで皆さんの旧友・・・・・

(いえ正確には寮母さんかな?)になったようで、

心の底から楽しかった。

皆さんの底抜けの明るさは・・・・・・
北陸にはあまり無いような気が致します。

もっともっとお一人ずつと、
ゆっくりとお話ししたかったなぁ。

Img_0322

Img_0329

Img_0347

Img_4350

Img_4352

新幹線だと約2時間、車でも5~6時間、

きっとまた訪ねて下さる日もあるでしょう。

自称〝花の四期会寮母さん〝は、いつでも大歓迎です。

 

笠井さん、北川さん、櫻井さん、鈴木さん、高橋さん、

疋田さん、藤波さん,牧野さん、山口さん、(※50音順)

遠い所、本当にありがとうございました。

時折、今回の旅と浅地を思い出してやって下さい。m(__)m

 

 

 

最後に・・・・

美味しいお豆腐を送って下さった亡き旧友、松永(堀池)さまの奥様、

http://www.matsunaga-tofu.com/index2.html

 

楽譜をお送り下さった、沼津工業高等専門学校 総務課 神田さま

私のサプライズを快く引き受けて下さった大道知子さんに

心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

※写真の数々は私が撮ったものと、

旧友の皆さまから送って頂いたものを使用させて頂きました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »