« 3年ぶりの唐松岳 | トップページ | 金平町長のサプライズ訪問 »

2018年10月11日 (木)

F1グランプリ

一昨夜、お風呂から上がり、

大好きなワインとチーズを愉しみつつネットを見ていたら

105日~7日、三重県鈴鹿市で

F1日本グランプリが開催されていた事を知りました。

30回目の記念大会となる日本GPだったそうです。

3日間での来場者数は、なんと165000人!

 

Photo

ふと・・・・・・・以前TVで

 「田んぼから走り出した夢~中嶋悟」と題した番組が放映され、

録画ボタンを押したまま、すっかり見るのを忘れていたコトを思い出しました。

 

 

ようやく視聴、・・・・・・・何年前でしょう?(^_^;)

元F1ドライバー中嶋悟さんが最高峰F1の夢を実現するまでの道のり、

強豪たちとの戦いの日々の中で、

彼を支えてきた熱い想いがしっかり番組で紹介されていました。

久しぶりに見る中嶋悟は、それなりに歳をとりましたが

穏やかに話す様子にいい歳を重ねているんだな・・・・・・と感じました。

 

・・・・・・・・じつは今を遡る事30数年前、

車のコトも全く知らないクセに、

爆音と共に300~350キロの猛スピードでコースを突っ走る

バイクや車のレースに姉と共にハマり、

しばし夢中になっていた時期がありました。

 

Aaaaa

Photo_2

ド根性で手に入れた高額入場チケット!

鈴鹿で開催されたF2、バイクの24時間耐久レースetc.・・・・・。

富山からポンコツの車でエンヤコラやと鈴鹿まで車を走らせました。

Jpg999

当時、中嶋悟はまだ F2のマシンに乗っており、

F1に挑戦する少し前だったと思います・・・・・・・が、

私達が行った時、ラッキーにも翌年開催のF1のデモンストレーションが行われ、

中嶋がF1のコックピットに座り、

日本で初めて鈴鹿を疾走する様子を眼前で見る事が叶いました。

想像を絶する大爆音に、大、大興奮したのを覚えています!

Img_0645

Img_0646

今は亡き「音速の貴公子」アイルトン・セナ、

真っ赤なフェラーリのアラン・プロスト

日本では「マリオ」と呼ばれ親しまれていた、ナイジェル・マンセル、

熟練の技が光った、ネルソン・プケ

F1四天王〝と呼ばれた彼らは

19801990年代、時代を駆け抜けました。

 

 

ちなみに、

不運な事故で亡くなったアイルトン・セナはユーミンと親交があり、

彼が亡くなった事を悼んで

Good-bye friend」が作られたって知っていますか?

https://www.youtube.com/watch?v=5cYCzoVrZ4I

世界中のファン同様、

報道で事故を知り、私もとてもショックを受けました。

111

 

あんな頃もあったなぁ・・・・・・

遠い昔を懐かしく思い出しながら、

ついついお酒を飲みすぎてしまう夜でした。

|

« 3年ぶりの唐松岳 | トップページ | 金平町長のサプライズ訪問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1グランプリ:

« 3年ぶりの唐松岳 | トップページ | 金平町長のサプライズ訪問 »