« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月28日 (金)

2018 亭主奮闘記、ご報告 -追記-

主人は15年前から地元の中学校で

武者絵講師(総合学習)として、子供達を指導しています。

 

自身では「自分なんか、まだまだ・・・・」と言いますが、

津沢では〝あんどん名人〝と称されています。(=^^=)

 

勿論、武者絵だけでは無く、

〝色々な事で地域を元気にするのが商売屋の役割〝と

頑張ってきました。

(時折開催してきた無料コンサートしかり)

 

主人は過去に2度、夜高あんどん祭にまつわる話と

「働くという事、今、勉強する意味」と題した話を

先生からの要請により、中学校で講演させて頂きました。

 

約40分間一人で喋るというのは、なかなか大変で・・・・・・

私は主人が書きなぐった文章の整理を担当。

二人で夜なべして原稿を作り上げたコトもありました。(^_^;)

 

 

話しはそれましたが・・・・・今年6月、津沢小学校から依頼を受け、

主人は5年生の児童を前に「地域の名人に習う」という

総合学習の授業を2回にわたり行いました。

 

話しは津沢の「夜高あんどん祭」について、・

またそれにまつわる地域について、

はたまた商売屋の事等々・・・・・

最後に

「第一回 東日本大震災チャリティコンサート」の映像を

鑑賞してもらいました。






36546648_1028960277285414_8983288_2

36670169_1028960260618749_4519718_2



子供達は主人の話に動きに、目を見張り、耳をすまし、

それは、それは真剣に聞いてくれたそうです。

(私は傍にいなかったので後で聞きました)

 

 

後日先生からお礼と共に

子供達が主人の話を聞いてまとめた「こども新聞」が届けられました!

その新聞のまとめの上手さと言ったら!

 

Img_0326

Img_0331
Img_0328

Img_0327

新聞のお礼にと主人は

仕事の合間にコツコツ武者絵を完成させ、

小学校へ寄贈しました。

 

Img_0554

Img_0550

「正面玄関を入った所に飾ってあるよ」と聞かされ、

先日見に行って来ました。

 

廊下には、約30年前に亡き祖父(主人の父)が寄贈した

大きな武者絵も飾られており、

主人が寄贈した武者絵は、それと対峙するように置かれていました。

親子の武者絵が揃って小学校に飾られているなんて

なかなかある話ではありません。

 

Img_1038

 

「もうやめようかな・・・・」

年と共に、最近は〝らしくない弱音〝を吐くようになりましたが、

手紙から元気と勇気をもらい

「やっぱり頑張らないと!」と、笑顔。

・・・・・・・・はい、結局はそうなるのです。(笑)

 

 

今年も残すところあと僅か・・・・・

ご愛顧下さった多くの皆さま方のおかげで無事に仕事を納め、

新年を迎えられそうです。

 

2018女将の独り言」も、これにて年納めとさせて頂きます。

今年も〝女将らしくないブログ〝をお読みいただき、

誠にありがとうござました。m(__)m

 

 

よい年の瀬をお迎え下さい。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

2018 亭主奮闘記、ご報告

12月も半ばを過ぎました。Img_1023_2
ついに雪も降ってきました・・・・・。

(まだ全く雪吊りが出来ていません!(~_~;)

 

 

時節柄、毎日慌ただしく・・・・・・

あれよあれよ・・・・・と時間が過ぎてゆきます。

 

今年も主人は少しの時間を見つけては、

家の修繕を頑張りました。

遅くなりましたが記憶に残すべくアップ致します。

 




今年の仕事の多くは〝瓦屋さん〝でした!

 

4月、以前は隣家だった家の納屋。

基礎がしっかりしていた為、解体の際、

大工さんに途中で切って残してもらった後ろの家屋を増築して

車庫にしました。

Img_5332

Img_5328

Photo


瓦のやりかえを伴う修理箇所は他にも多々あり、

まずは小さなスペースのこちらから開始。

 

 

現在に至るまで手前大工であちこちリフォームしてきましたが、

さすがに瓦は未経験!

既に葺いてある瓦をめくり、仕組みから調べていました。

 

Img_0519

Img_0507

9月、長年気になっていた前の納屋の屋根の修繕に着手。

材木で足場をこしらえ、瓦を一枚ずつ取り外し、

傷みのひどい下地を新しいコンパネに取り替え、

防水シートを張り、再度瓦を葺きました。

 

「そろそろ止めたら・・・・・」

夜遅くまで作業する姿に何度そう声を掛けたことでしょう。

こちらは約1か月で終了。

Img_0576_2

 

Img_0634

Img_0705

Img_0689





もはや日曜大工の域では無い!(o)

 

続いては創業から90年以上経過し、

一度も手を入れていない母屋の外壁に取り掛かりました。

(現在進行中~一時中断)

※来春に続きを始めるようです。

長い年月の間にすっかり板が痩せてしまい、

至る所、下の土壁が見えます。

以前、隙間に鳥が巣を作ってしまい、

息子が雛の鳴き声に悩まされたコトもありました。(~_~;)

 

 

しかし、主人が何としてもやりたかった理由は

見かけだけではありません。


〝耐震なのです!〝

 

最近の大型台風や地震等の自然災害に

少しでも太刀打ちできる家にしたいと考えているようです。

 

前回の納屋同様、上へ上へと足場を作り、

古い板を取り除き、

新しい材木、金具やボルト等も使って、

ガッチリ筋交い(すじかい)を入れてゆきます。

Img_1025

Img_0877

かつては沼津高専に通い学んだ事が役立っているようで、

屋根の傾斜や微妙なアール等、

計算でパパッと数字をはじき出し、難なく仕上げてゆきます。

 

2_2

しかし・・・・・古い家屋ゆえ、

作業途中にも次から次へと新たに修繕の必要な箇所が見つかり、

前途多難・・・・・・。

完成にはまだ少し時間がかかりそうです。

 

 

本業の仕事、津沢中学校の武者絵講師、観光協会副会長、

衛生指導委員等など、沢山の役目を引き受けながら、

弱音を吐かず作業をする様子は、なかなか頼もしい。

私は私に出来る仕事に精を出しながら、

徐々に仕上がってくる様をワクワクしながら見守っています。

 

 

ご来店下さるお客様に

「あれっ、キレイになったね、素敵になりましたね」

そう言って頂ける日を夢見ながら・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »