« 2019年7月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年8月

2019年8月26日 (月)

大和高岡店 閉店によせて

令和元年8月25日、

百貨店の大和高岡店が閉店しました。

丸越高岡店の開業から82年、

大和高岡となってからは76年という歴史に幕を下ろしました。

555 

 

近年、広い駐車場を隣接した大型ショッピングモールに集客を奪われ、

努力を重ねるも

来場者と収益の増加を見込めなくなった事が要因のようです。

Photo_20190826215001


とても、とても寂しいです・・・・・・・。

 

 

子供の頃、時々お洒落をさせてもらって

両親に「大和」へ連れて行ってもらう事がどんなに嬉しかったか!

屋上の遊戯施設で遊んで、洋服やお菓子を買ってもらって、

眺めのいい最上階のレストランでオムライスを食べさせてもらって・・・・・・

当時、東京がどんな所が知りませんでしたが、

まるで大都会へ小旅行に連れて来てもらったようにワクワクドキドキ❤

トキメキ❤を覚えたものでした。

Photo_20190826215002

贈り物を戴いても「大和」の包装紙にくるまれていると

何故か安心し、とびっきり嬉しくなりました。

 

社会人になってからも

モロゾフのプリンやチーズケーキ、ユーハイムのバームクーヘン、

ヨックモックのクッキー等など、時折買いに出掛けました。

(勤務先が金沢だったので香林坊大和でしたが)

嬉しい時、落ち込んだ時・・・・・

大和のデパ地下のお菓子に救われていたような気がします。

 

 

じつは・・・・・

ご存知の方もおられるかと思いますが、

娘はまさに高岡大和店(デパ地下)お菓子売り場に勤務しておりました。

 

数年前、就活をしていた娘に

接客を通して、言葉遣いや礼儀作法が身に付くと思い、

(甘いものが身近になるという下心も若干ありましたが・・・・・)(^^

百貨店への就職を薦めました。

性格もおっとりしていて、案外敵を作らない娘は

パートのおばさま方にとても可愛がって頂いたようです。

私のもくろみどおり、よくお菓子やケーキを買ってきてくれました。(笑)

(それが原因ですっかり太ってしまいましたが)(^^

 

 

思い出が沢山詰まっている高岡大和、

寂しい思いを感じておられる方はきっと大勢いらっしゃることでしょう。

 

実際に今年90半ばになる伯母は

(姉と私が幼い頃は時折洋服をプレゼントしてくれ、

娘が勤務してからは、月に一度はお菓子を買いに出掛けてくれていました)

「寂しいわ、これから何処へ行けばいいの?」と話しています。

 

最近はセルフレジが増えている中、

一人一人と言葉を交わし、笑顔で接客してくれる

店員さんも大好きでした。

 

 

最終日・・・・・居ても立ってもいられず、

幕引きを目に焼き付ようと出掛けました。

娘には記念にアクセサリーを買いました。

 

 

閉店6時半、店長さん始め社員が正面玄関に整列。

店長さんは真心のこもった挨拶を述べられました。

その後、花束の贈呈、

そして・・・・・・社員一同が揃って深々と頭を下げました。

当時に定番の大和のテーマ曲

「カーネーションの花びらが・・・・・」が、響き渡りました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思わずグッと込み上げ目頭が熱くなりました。

Jpgdaiwa4 66

 

厳しいご時世、利便性の良い郊外型の大型店の台頭に

街中の百貨店が閉じてゆかねばならないのも時代の流れなのかもしれません・・・・・・が、

規模は違えども、同じ商売を生業にしている私達にとって

永く続いてきた歴史と伝統あるお店が幕を下ろすという事が

どれほど辛く、悔しく、残念な事か・・・・・・

とてもとても他人事とは思えないのです。

今は、まるで親友を失ったような気持ちです。

 

しかし・・・・・「大和」が消滅する訳ではありません。

残った富山と金沢の「大和」には、是非とも頑張って頂きたいものです。

 

娘は退職し、しばらく好きな事をしてから

ゆっくりと次の事を考えるそうです。

Img_2312

大和高岡百貨店

夢を与えてくれてありがとう。

娘を成長させてくれてありがとう。

様々な思い出と共に「高岡大和」は、いつまでも私達の心の中に生き続けます。

Photo_20190826212302

 

 

 

あいにく娘を撮ることは出来ませんでしたが、記念に動画を撮りました。

セレモニー終了時、大和の音楽が流れると泣けてきます。

https://www.youtube.com/watch?v=4o7tVZbrAP8

 

 

大和テーマソング 

「カーネーションは愛の花」

 

カーネーションの花びらが あなたと大和の愛の花♪

心と心

笑顔と笑顔

明るい 豊かな暮らしを開く

大和 大和

 

唄/天地 総子

 

| | コメント (0)

2019年8月25日 (日)

頼もしき助っ人参上!-追記-

当店でコンサートを開催するようになってから、

沢山の皆さまとの御縁が繋がりました。

 

演奏家、聴きに来て下さった方、

緑のふるさと協力隊のあゆみちゃん、

夜高あんどん祭りにフラリと現れた、不思議青年東出君、

(彼は4月より砺波郷土資料館の嘱託学芸員になり、奮闘しています)

 

そんな中、今回のコンサートに際し、また素敵な方と御縁が繋がりました。

小矢部市地域おこし協力隊として、現在はめるびるで企画等に携わっておられる

元井康平さんです。

Photo_20190825095801

ダンサー(パフォーマー)としてもご活躍だそうです!\(o)/!

彼とはFBを通して知り合ったのですが、

「一度伺って宜しいでしょうか?」と、すぐにメッセージを下さいました。

 

約束の日、玄関に現れたのは若く、シュッとした好青年!

一目見て好感を持ちました。

主人も交えて色々話をする中で、すっかり意気投合。

かなり遅れているコンサートの準備を手伝ってくれるコトとなりました。

Img_2233

コンサート2日前の8月13日。

元井さんは二人の高校生を連れて助っ人に来て下さり、

例年、主人がコツコツ進める舞台や観客席の椅子作りを手伝ってくれました。

 

台風が近づく猛暑の中、汗だくになりながらの作業。

時折聞こえる笑い声、ニコニコ嬉しそうな主人の様子を見ていると

私まで嬉しくて、嬉しくて・・・・・・

頼もしい彼等に心から感謝しています。

(元井さんと高校生F君は当日もスタッフとして手伝ってくれましたm(__)m

 

 

台風10号の影響の中、怪しい空の下で始まったコンサート。

(お願い、雨降らないでー!)

私は祈るような気持ちで傍らから見守っていました。

 

ザワザワと楽譜が飛びそうな中、演奏は続きますが、

主人が頑張って作った池の上の舞台は、

なかなか出番がありません。(~_~;)

 

ふと・・・・・・私の天のじゃくが顔を出し、パフォーマーである元井さんに

「元井君、あの上で踊れば?」と、無茶ブリしてしまいました!

元井さんは意外にも

「エッ、いいんですか?」と即答。

それならば!と、いくこさんに打診し、

言い出しから、ものの数分で話しは決まりました。

   

そして・・・・・コンサート半ば、果奈さんが唄う「ハナミズキ」に合わせて、

元井さんのパフォーマンスが静かに始まりました。

Img_2288 Img_2289 Img_2290 Img_2291

「ハナミズキ」は言わずと知れた一青窈さんの大ヒット曲で、

じつは・・・・・・秘かに果奈さんが唄って下さらないかな?と思っていました。

まさか、まさか、こんか素敵な事が起こるとは!

090000


元井さんの表現は・・・・・・静かに、力強く、しなやかで情熱的。

ライトアップされた庭と相まって、息を呑んで見つめてしまう程に幻想的で・・・・・

その場に居合わせた全ての人々が

〝言葉にできない感情~想い”を受け取った事と思います。

Img_2297

果奈さんと見つめ合い、互いに手を伸ばすラストは

もうもう素敵過ぎて・・・・・即興とは思えない!

会場全体が溜息に包まれました。

Img_2299

 

娘が携帯で撮影してくれていましたが、

初めて目の前で見るパフォーマンスに

「スゴイ!ジャンプしても音がしない!忍者みたい!カッコイイ!」と、

大興奮しておりました。

 

 

彼は9月15日に新川で開催される

LIVE SPLASH TOYAMA 2019 に出演されます。

素晴らしい舞台だそうです。

お時間のある方、

元井さんのパフォーマンスをもう一度見られるチャンスです!

Jpg6777

 

元井さん、高校生のF君、S君、

本当にありがとうございました。

感謝。

 

| | コメント (0)

2019年8月21日 (水)

麗しきクラシックの夕べ 終了

連日の雨・・・・・

ちょっぴり涼しくなってきた朝夕に夏の終わりを感じますね。

 

さて・・・・・・

台風10号に翻弄されたお盆のコンサートでしたが、

つかの間、天使が微笑んでくれたようで、

どうにか無事に終える事が叶いました。

 

いつもならば私がブログを書くのですが、

今回は是非とも皆さまに感謝の想いを伝えたいと

主人がペンを取りました。

以下、主人のメッセージです。

 

 

 

皆さまへ

 

猛暑、豪雨、・・・・

最近の気候変動は段々野外コンサートの開催を難しくしてゆきます。

今回、大型台風10号の発生当初より、コンサートの影響を危惧しておりました。

雨と風に見舞われては、開催は困難です。

それでも台風がさけてくれる事を願って、雨が降らない事を願って、

準備を進めてきました。

本業の仕事も忙しく、準備が大幅に遅れて行く中、

妻のFBを通じて御縁が出来た元井さんや、

二人の高校生F君、S君が手伝ってくれたお陰で、

本番ギリギリで準備が終わりました。                                                                

 

 

強風の為、花火大会は始まってすぐに中止となりました。

当店も少し前倒しする形でコンサートを開始しました。

風と雨の影響で多くは屋内での演奏となり、

演奏者と観客で館内はいっぱいでしたが、

息遣いが聞こえる程の至近距離での演奏は迫力があったと思います。

館内に入れなかった皆さんは、庭の思い思いの場所に座って、

絵のような風景の中、名曲の数々に聴き入っておられました。

Img_2254 Img_2287

時には魂を揺さぶられるかのような激しい演奏の数々・・・・・・

私は改めてクラシックの素晴らしさを再認識出来ました。

つくづく、開催出来て良かった・・・・・

本当に、本当に良かったです。

 

これからは今までのような大規模なコンサートでは無く、

月あかり館内のみで開催する小さなコンサートになってゆくかもしれませんが、

どんな形であれ、続けていかなければ!と思いを新たにしております。

Img_2297

 

夢と喜びに満ちた社会を目指す為に、音楽はとても重要なファクターだと思います。

しかしながら多くの演奏家と親交が出来るにつれ、

華やかな場とは裏腹に、音楽家の道は厳しく、

中には音楽のみで生計をたててゆく事が出来ない状況の方もおられると知りました。

 

若い彼等、彼女等の魂の演奏を、歌を、

少しでも応援してゆく事が、人生の先達の私達にとって大切な事だと思います。

Img_2266_20190821155001

演奏家の皆さん、

猛暑の中、大変な湿度の中、ゴーゴーという不気味な風の中、小雨の中、

台風を吹き飛ばすが如く、颯爽とした演奏にプロの心意気を感じました。

皆さんを心から誇りに思います。

また悪天候が予想される中、足を運んで下さった聴衆の皆さま、

音響の村上さん、

そして助っ人で大活躍してくれた元井君、F君、S君、

司会の森田さん、支えてくれた家族、

全ての皆さまに心より御礼と感謝を申し上げます。

ありがとうございました。 

Img_2261_20190821154201

追伸:私の挨拶の際、フルートの四十谷 諒(あいたに りょう)さんの名前の読み間違い、

またHPで誤字があった事を心よりお詫び申し上げます。

 

魚政亭 亭主 浅地政博

 

 

動画①:最後に会場全員で「ふるさと」の大合唱! ※帰宅した娘が携帯で撮っていてくれました。

https://www.youtube.com/watch?v=_6ANGMnAI-A

動画②:来場者、林のぼるさんが撮影して下さった動画

https://www.youtube.com/watch?v=pwnbmL7_ljQ&feature=youtu.be&fbclid=IwAR1ka

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

本日、予定どおりコンサートを開催致します!

台風9号に続き10号が迫って来ています。

本日のコンサートの準備をしながら、食い入るように気象予報をみています。

幸い富山県は直撃は避けられそうです。

現時点で「花火大会」が開催されるのかどうかるのか未定です。

雨天の場合、花火は翌日に順延されるそうです。

 

残念ながら夜には雨が降るようです・・・・・・(T_T)

 

しかし、当店のクラシックコンサートは出演者4名の都合もあり、

予定どおり開催致します!

雨の場合、野外ステージは使用せず、

別館「月あかり」館内のみの開催となります。

 

遠くの方はご無理をなさらず!

お近くの方は、安全に気をつけながら!お越し下さい。

 

※しかし、道中で何かあっても当店は責任は負えません。

あくまでも自己判断でお決め下さい。

宜しくお願い致します。

 

追記:花火が中止になった場合、

コンサートの開始時間を30分程度、早める可能性がございます。

ご了承ください。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年10月 »