« 思いがけない長期休暇の功名 | トップページ | 薬師岳 -初テント泊- »

2020年7月30日 (木)

懐かしの喫茶「ペーパームーン」

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません・・・・・・・( ノД`)

そんな中、賛否両論はあれどもGoToトラベルキャンペーンのおかげで

観光地は徐々に人出が戻ってきた所もあるようです。

我が家は県をまたぐお客様の御予約は全てキャンセルとなり、

まだまだ厳しい状況は変わりません。

 

それでもこんな状況の中、

勇気を出して御来店下さったお客様に心から感謝申し上げます。

 

連休最終日、26日の夜は3名のお客様。

お料理をお出しした後、主人が挨拶へ顔を出すと・・・・

「あれっ、マスター?

ペーパームーンのマスターですよね!」と、驚いた表情。

 

遡ること約30数年前、

主人は砺波の駅前にて、約10年間

「ペーパームーン」という喫茶店を営んでおりました。

奇遇にも当夜のお客様は、当時よくいらしていた常連さんだそうで、

ひと目見て分かったそうです。

Photo_20200730205701
 

 

「ペーパームーンは凄く個性的な店で、今も砺波の伝説ですよ!」

と、話され

「マスター、マスター」と連呼され・・・・・・

主人は嬉し恥ずかし、照れ笑い。

何でもお店で知り合い、ゴールインしたカップルも数組おられたとか・・・・・。

Photo_20200730205702

 

まだまだ先の見えない新型コロナ・・・・・・

自衛策だけでは限界を感じ始めている昨今。

カラ元気を振り撒きながらも、時折ドッと不安が押し寄せてきます。

しかしながら・・・・・・

時代を感じる建物、庭、調度品、

そして季節の器に盛り付けられるお料理の数々・・・・・

灯りの下、盃を交わす日本ならではのコミュニケーション。

・・・・・・無くしたら、壊したら、もう復活出来ないかもしれない!

 

ようやく私達が目指してきたワールドが完成しそうなのに・・・・・。

・・・・・時折やり場のない口惜しさがこみ上げてきます。

 

 

それでもご来店下さったお客様から

「頑張って下さいね!また来ます」と声を掛けられると、

しおれた花に水をかけてもらったように、勇気と元気が湧いてきます。

 

安全に留意しながら・・・・・

今後どのような形態で経営してゆけばいいのか?

今しばし、状況を見守りつつ思案したいと考えています。

 

 

追記:別館を「月あかり」とネーミングしたのは、ペーパームーンを彷彿させる為。

いつか懐かしい常連さんを集めて同窓会をやれるといいなぁ~♥

 

 

|

« 思いがけない長期休暇の功名 | トップページ | 薬師岳 -初テント泊- »

亭主奮闘記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思いがけない長期休暇の功名 | トップページ | 薬師岳 -初テント泊- »