亭主奮闘記

2021年10月13日 (水)

思いがけない長期休暇の功名 第二弾 ①

オリンピック期間中、最悪だった新型コロナウイルス感染者も、

最近になって嘘のように激減しました。

これもワクチン接種と時短要請のお陰でしょう。

何はともあれ日本中の多くの皆様がホッと一安心している事と思います。

Photo_20211013215201

当店は富山県の要請に従い、

8月20日~9月12日まで臨時休業(ステージ3)

9月13日~9月27日まで時短営業(ステージ2)

そして感染者の減少に伴い、ようやく10月4日よりステージ1へと移行し、

通常営業が出来るようになりました。\(^o^)

 

休業中・時短要請中・・・・・

「なんのこれしき!今だからこそ出来る事をやろう!」と夫婦で決意し、

スタッフと共に暑い中、野外作業に没頭しました。

 

昨年7月のブログ「思いがけない長期休暇の功名」の第二弾ですが、

記憶に残すべく2回に分けてご紹介致します。

※業者は一切入っておりません。

 

〇館内、灯りグレードアップ

外の外灯を少し趣のあるモノに取り替えました。

全てが大正時代の灯りだと思います.

温かみのある色合いに心が落ち着きます。

Photo_20211013215301Jpg2Img_5565

 

〇別館「月あかり」隣接家屋、屋根瓦葺き替え工事

当店の屋根は下地から古い箇所が多々あり、段階的に修理しています。

瓦を一旦外し、下地に新しいコンパネと防水シートを貼ったのち再度瓦を拭きました。

途中、夫が足を踏み外し捻挫をするというハプニング!

全治1か月と診断されながらも、

テーピングで足をグルグル巻きにして作業。(すごく心配でした)

Jpg_20211013215301

〇廃墟解体へボランティアお掃除隊

ブログ「空き家の末路①②」にも書きましたが、

裏手に建つ幽霊屋敷のような廃墟の解体が少しでも早く進むよう、

日々山のようなゴミの処理に明け暮れました。

http://uomasatei.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-750527.html

http://uomasatei.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-2a312f.html

 

〇駐車場脇のスペースにインターブロック施工

当初「桜の木を植えて小庭を作ろう!」と、息巻いていた駐車場の一角ですが、

冷静に考えると「庭の管理(草むしり等)は1箇所で十分!」と、180度方針転換しました。

セメント施工後、インターブロックを敷き詰めました。

車も1台駐車出来、バーベキューも出来そうです!

Jpg_20211013215401

〇犬矢来やり替え

山で竹を採って来てナタで割り、一つ一つ手作りした犬矢来ですが、

15年以上経過し痛みが目立ってきたので、実家の父が元気なうちにやり替えました。

長持ちするように透明なキシラデコールを2度塗りしました。

Jpg_20211013215403

〇娘と小庭作り

アウトドアが好きな娘と一緒に、廃土置き場だった一角を整備。

一部芝生を敷きつめ、椅子やテーブルを置いて

野外休憩所もどきに仕立てました。

Jpg_20211013215402

 

②へ続く

 

| | コメント (0)

2021年8月 8日 (日)

空き家の末路②

車の入らない場所ゆえ、解体費用はかなり高額なものとなったようです。

(昔の人はよくぞ人力でこんな狭い場所へ家を建てましたね)

台風がくると倒れるのでは?と、怖かった

見上げるほどの大きな杉の木も伐採して頂ける事になりました。

 

さて・・・・・解体が決まってからというもの

主人は市役所の方に許可をもらい、

業者の方が少しでも早く仕事にかかれるよう、

(やらなくてもいいのに)中にある物の処分を一人で黙々と始めました。

いやはや・・・・・その汚さ、乱雑さ、物の多さ、

時折TVで見かけるゴミ屋敷そのもの!

なんと!新聞は昭和40年から一切捨ててありません。

飲んでいたお酒のカップもそのまんま・・・・・・

・・・・・・・今は亡き人を責めてはいけないかもしれませんが、

「故人と息子さん、コレどうなの?」という気持ちになりました。

 

主人は仕事の合間の全ての時間を片付けに労力を注ぎ、

3週間かけて中をガラガラにしました。

傍で見ていると分かりますが、モノの処分って本当に大変なのです。

特に金属とプラスチックの混ざり合ったモノ、(玩具類)

スポンジと金属が混ざり合ったモノ、(椅子やソファー)

釘や金具が付いたタンス、ステレオ・・・・・

それらを分解し、分別し、事情を説明し、

毎日、市の環境センターへ1520キロ持ち込んでいました。(安価だけど有料)

くどいようですが・・・・・っとに、やらなくてもいいのですよ!

 

解体には3社から相見積もりをとったようですが、

中の家財とゴミの撤去・処分費用だけで100万円位だったそうです。

(皆さん、年をとったら物は処分してゆきましょう~)

 

大方の片づけを終えた後、

主人は市役所の担当者Kさんへ連絡を入れ、

解体業者さんへ連絡をして頂きました。

すると、早速翌日の夕方、請け負った会社の社長様が見に来られました。

思いのほか中が片付いている事に驚き、

主人の頑張った心意気を汲み取って下さったようで、

「明日から作業を開始します、瓦を下ろします」

そう言って下さいました。

Jpg777_20210808162601 555_20210808162301 

 

6月20日、待ちに待った解体が始まりました。

さすが、手慣れた皆さんにより着々と作業が進んでゆきました。

開始から約2週間。

長きに渡り私達の大きな憂いだった廃屋は更地となりました。

大きな杉の木も木こりさんがアッと言う間に切り倒して行かれました。

 

正直欲しくも無いのですが、跡地は我が家が買い取る事になっており、

(そうでも言わないと話が進みませんでした)( ノД`)シクシク…

車の入らない雑用地ゆえせいぜい花を植える位なのですが、

今は無事に解体を終えた事に感謝しつつ、

後の事は徐々に考えてゆきたいと思っています。

 

全国的に空き家が目立つようになり、

今回の一件で、実家も含めて決して他人事では無いと痛感しました。

そして本当に不要なモノを増やさないようにしよう!を心に誓いました。

000

最後に・・・・・

様々な手段を駆使して息子さんを説得して下さった都市建設課のKさん、Sさん、

無事に解体を完了して下さった業者さん、

本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

2021年8月 2日 (月)

空き家の末路①

当店脇には今は殆ど人通りの無い路地があります。

以前は神明社へと抜ける事が出来、

ご近所さんや子供たちが抜け道として頻繁に利用していました。

(笑い声がよく聞こえてきたものです)

コンクリートを打ってある道幅は1メートル程ゆえ、当然ながら車は入れません。

Photo_20210802105401

そしてこの路地沿い(正確には我が家の裏手)には家が1件ありました。

住んでおられたのはタレ目のHさん。

いつもほろ酔いでフラフラと危なげに自転車を漕いでおられましたっけ・・・・・・・。

しかしHさんが亡くなられて以降、いわゆる「空き家」になりました。

 

一人息子さんがおられるらしいのですが、

一度として見に来る様子は無く・・・・・・

放置状態のまま、おそらくは15年以上が経過したと思います。

 

元々かなり昔に建てられた家のようですが、

人が住まなくなった家の朽ちてゆくのは想像以上に早く、

アッと言う間にツタに覆われ瓦が落ち、

数年で横を歩くのも注意が要るようになりました。

 

先行きに不安を感じた主人は10数年前から市や警察へ相談に行きました。

固定資産税は納めておられるようで、

市は息子さんの所在を把握しているようですが、

直接連絡を取りたいと思っても、

「個人情報の守秘義務」で、教えて頂く事は出来ませんでした。

 

時々除草し薬剤散布をしていましたが、

ここ数年の大雪でついに屋根に穴があいたようで・・・・・・・

更にものすごい有様になり、ついには我が家にまで白アリが飛来する始末。

もう個人の努力ではどうにもならないところまで来てしまいました。

Jpg_20210802105401

しかしながら・・・・・私達にはナントカする手立ては無く、

諦めかけていた矢先・・・・・・、

事情を知った市議の働きかけや、

ようやく危険な家屋として認識して下さった市役所の方々の尽力により、

事態が前に進み・・・・・・

苦節10数年・・・・・やっと、やっと解体の運びをなりました!

 

②へ続く

| | コメント (0)

2021年2月16日 (火)

パーテーション設置

テーブルにアクリルパーテーションを設置しました。

Img_5524

コロナ禍の現在、

°各棟1日1組のご予約で、他のグループの方とはトイレも接触しない°

・・・・・・というやり方で、やんわりと商売を営んでおります。

お客様は4~5人のご友人やご家族が殆ど・・・・・ゆえに

「ここまでやりたく無かったなぁ」が本音です。

 

しかしながら、お客様は食事だけでは無く会話も楽しみに来店される訳で、

「会食時はお静かに、会話の際はマスクを・・・・・・」と、お願いしつつ、

私自身、何処か胸がつかえるような・・・・・・

心地悪い思いを飲み込めずにおりました。

(そりゃ、会食時に無言は酷ですよね)

 

富山県のステージは1へと戻りましたが、市内では感染者が続き、

お客様、スタッフ、双方のリスクを減らす為、

夫婦で話し合い設置を決めました。

Img_5523

パーテーションは勿論主人のお手製です。

感染防止にバッチリな大きめサイズ!

思いの外圧迫感も無く、

マスクを外しても安堵感があり、お客様に大好評です。

 

日本でもようやく待ちに待ったワクチン接種が始まります。

勿論、賛否両論はありますが、

今はこれしか終息の道は無いと思います。

 

少し美味しい物が食べたくなった方、

ご家族、ご友人と、より安全になった魚政亭へお越し下さい。

 

 

※余談ですが・・・・

主人手作りパーテーションはいつか不要になった折、

別の事に使用する為、考慮したサイズなのだそうです。

我が夫ながらさすがです!!(^^)!

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

懐かしの喫茶「ペーパームーン」

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません・・・・・・・( ノД`)

そんな中、賛否両論はあれどもGoToトラベルキャンペーンのおかげで

観光地は徐々に人出が戻ってきた所もあるようです。

我が家は県をまたぐお客様の御予約は全てキャンセルとなり、

まだまだ厳しい状況は変わりません。

 

それでもこんな状況の中、

勇気を出して御来店下さったお客様に心から感謝申し上げます。

 

連休最終日、26日の夜は3名のお客様。

お料理をお出しした後、主人が挨拶へ顔を出すと・・・・

「あれっ、マスター?

ペーパームーンのマスターですよね!」と、驚いた表情。

 

遡ること約30数年前、

主人は砺波の駅前にて、約10年間

「ペーパームーン」という喫茶店を営んでおりました。

奇遇にも当夜のお客様は、当時よくいらしていた常連さんだそうで、

ひと目見て分かったそうです。

Photo_20200730205701
 

 

「ペーパームーンは凄く個性的な店で、今も砺波の伝説ですよ!」

と、話され

「マスター、マスター」と連呼され・・・・・・

主人は嬉し恥ずかし、照れ笑い。

何でもお店で知り合い、ゴールインしたカップルも数組おられたとか・・・・・。

Photo_20200730205702

 

まだまだ先の見えない新型コロナ・・・・・・

自衛策だけでは限界を感じ始めている昨今。

カラ元気を振り撒きながらも、時折ドッと不安が押し寄せてきます。

しかしながら・・・・・・

時代を感じる建物、庭、調度品、

そして季節の器に盛り付けられるお料理の数々・・・・・

灯りの下、盃を交わす日本ならではのコミュニケーション。

・・・・・・無くしたら、壊したら、もう復活出来ないかもしれない!

 

ようやく私達が目指してきたワールドが完成しそうなのに・・・・・。

・・・・・時折やり場のない口惜しさがこみ上げてきます。

 

 

それでもご来店下さったお客様から

「頑張って下さいね!また来ます」と声を掛けられると、

しおれた花に水をかけてもらったように、勇気と元気が湧いてきます。

 

安全に留意しながら・・・・・

今後どのような形態で経営してゆけばいいのか?

今しばし、状況を見守りつつ思案したいと考えています。

 

 

追記:別館を「月あかり」とネーミングしたのは、ペーパームーンを彷彿させる為。

いつか懐かしい常連さんを集めて同窓会をやれるといいなぁ~♥

 

 

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

思いがけない長期休暇の功名

7月に入り、少しずつご予約をお受けしています。

以前に比べるとまだまだですが、

仕事が出来ることに感謝しながら、

気を抜かず、細かな掃除・消毒を行っていきたいと思います。

 

東京では4日連続で感染者数が100人を超えていますが、

以前の100人超えの時は約900人の検査数。

現在は2000人以上の方が検査を受けられるようになっており、

気は抜けないものの医療現場では若干の余裕があるそうです。

 

思い起こせば・・・・・

4月に緊急事態宣言が出されて以降、必要最低限な買い物以外

全く自宅敷地内から外へは出掛けませんでした。

予約はゼロ。

しかしながら当店に問題が起こった訳ではなく、

コロナウイルスが悪い訳で・・・・・

「これは天から与えられた時数な時間!」と捉えて、

夫婦各々、以前からやりたいと思っていた事をこなす事にしました。

以下、一部を紹介致します。

 

 

■納屋の内部改装

色んな物があり過ぎてぐちゃぐちゃだった納屋も、断捨離と棚等の設置で

すっきり片付きました。

Burogu

■塀作成

ボロボロになっていた庭の奥の塀を新しく作り替えました!

家にある古材や欄間を使って雰囲気良く仕上がったと思います。

 

■納屋の外壁工事 

上の方の土壁がボロボロと崩れ色もはげ、

味気ないトタンが張ってあっただけの側面でしたが、

小屋根を作り、以前頂いてきたサッシをはめ込み、

更にサッシの前に手作りの格子を取り付けました。

Photo_20200706221101

Img_4302

■庭の木々が葉っぱが真っ黒になる「すす病」にかかってしまい、

うっそうとしていた枝を思い切って伐採しました。

庭に光が差し込むようになり、現在少しずつ回復しています。

 

■子供たちの幼い頃の色んな物を断捨離!

思いがけず高級ガーゼ発見!マスクを作りました。

 

■地震で再度漏れ出した池の水漏れ補修。

今回は速乾モルタルでは無く、砂とセメント半々で混ぜたもので施工後、

防水材を刷毛で塗りました。完全に漏れは止まりました!

555_20200705164901

■花壇作り

我が家の地面は地震に強いじゃっけつ※石が混ざった砕石で、

手のひらよりも大きな石がゴロゴロ・・・・

お隣さんからふるいを借りて除去した後、土を入れ種まき。

早くもコスモスが満開です!

Photo_20200705164901

■庭の石組補修

経年劣化により土が流れ、今にも崩れかかっていた石組の間に砂利を詰め込み、

セメント施工しました。

 

■庭先のすだれ作成

経年劣化でボロボロになってきた縁側の簾(すだれ)

今回は納屋にあった長さ180の竹製の簾を半分に作り替え、

マジックテープで遮光シートを付けました。

Img_4266

■ソファーのメンテ

経年劣化で所々はげてきたソファーの汚れを落とした語、

同色の色と保護オイルを混ぜ合わせ布で塗りこみました。

つやつやになりました!

Img_4312

 

時間があったからこそ色々な事が出来ました。

今後も合間を見つけながら、古さを生かしたお店づくりに努力したいと思います。

仕事が出来ることに感謝しながら・・・・・・。

 

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

亭主、ポスターになる

富山大学人文学部、人文地理学、大西宏治研究室主催の

〝小矢部市の「場」の魅力を創出するプロジェクト〝に、

主人他数名の皆さまが選出?され、

過日、富山大学の学生さんから取材を受けました。

 

本人曰く

「もっと他に変わった人がいるだろうに・・・・・」

と言いつつも嬉しそう。(笑)

Img_3416

 

以下ポスターから抜粋。

 

富山の人がよく言う「なんもないがいちゃ」(何もないんです)

本当はそんな事はなく、

ここ小矢部市にも地域の人だけが知っている魅力があります。

小矢部の人と富山の学生が、

小矢部に古くからあるお店や挑戦する若い人を取材してつくった、

小矢部の「場」の魅力に争点をあてたポスターを発表します。

 

2月半ば、

三井アウトレットパークにてお披露目会が行われるとのコトで

出掛けて行きました。

 

帰宅すると・・・・な、な、なんと!

B2サイズの大きなポスターを持ち帰りました!

まさか一人一人のポスターを作成して頂けるなんて思ってもおらず・・・・・

とても驚きました!\(o)/!

Img_3396

今月初めまで三井アウトレットパーク北陸小矢部内、

2階フードコート近くに展示されておりました。

(終わってからのブログアップでスミマセン)(^^

 

コロナウィルスの影響?でアウトレットも人出は少ないように感じましたが、

時折、足を止めて下さる方もおられ、嬉し恥ずかし・・・・でしたが、

いい記念になりました。

 Img_3417

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

子供達に感謝

 

主人は平成15年より、津沢中学校の総合学習の

武者絵講師を引き受け、現在に至っています。

 

時節柄、店の繁忙期と重なり大変ですが、

傍から見ていると〝使命感〝に燃えているようにも感じます。

 

毎年、アチコチを改修・改装していましたが、

悲しいかな・・・・現在肘を痛めて大工仕事は休業中です。

 

しかし、今年は津沢小学校の総合学習の講師として

2年生と3年生の授業に何度も出向くこととなり、正直私はホッとしていました。

(そうでなければ痛みを我慢しつつ、大工仕事を続けた事でしょう)

 

2年生は「町中探検」で、当店に興味を持ってくれた児童が数度にわたり来店。

 

3年生は武者絵に挑戦!

中学生と違って、まだ幼い児童たちに限られた時間で、どんな手順で指導するか?

担任の先生と協力しながら、準備を進めていました。

 

何にでも興味深々な素直で明るい子供達。

一度に沢山の〝孫〝が出来たかのように、毎回「大変だ~」と言いながらも

子供達に接する度、授業から帰宅する度、生き生きと嬉しそうでした。

Img_3053

後日、子供達から手作りの招待状が届きました!

主人の他、各学年の総合学習に尽力した地域の方々が学校へ招待され、

児童が企画した〝お礼の会〝に招かれる事になりました。

Img_3054_20191205212401



感謝の言葉と歌、手作りのプレゼント❤

そして児童一人一人からの手紙を綴った冊子を頂いてきました。

   

最近はすっかり子供達に顔を覚えられたようで、

色々な場所で

「あっ、あさじせんせ~い♪」と、声をかけてもらえます。

 

元気で明るい津沢小学校の子供達、

元気をくれて、こちらこそありがとう。

| | コメント (0)

2018年12月28日 (金)

2018 亭主奮闘記、ご報告 -追記-

主人は15年前から地元の中学校で

武者絵講師(総合学習)として、子供達を指導しています。

 

自身では「自分なんか、まだまだ・・・・」と言いますが、

津沢では〝あんどん名人〝と称されています。(=^^=)

 

勿論、武者絵だけでは無く、

〝色々な事で地域を元気にするのが商売屋の役割〝と

頑張ってきました。

(時折開催してきた無料コンサートしかり)

 

主人は過去に2度、夜高あんどん祭にまつわる話と

「働くという事、今、勉強する意味」と題した話を

先生からの要請により、中学校で講演させて頂きました。

 

約40分間一人で喋るというのは、なかなか大変で・・・・・・

私は主人が書きなぐった文章の整理を担当。

二人で夜なべして原稿を作り上げたコトもありました。(^_^;)

 

 

話しはそれましたが・・・・・今年6月、津沢小学校から依頼を受け、

主人は5年生の児童を前に「地域の名人に習う」という

総合学習の授業を2回にわたり行いました。

 

話しは津沢の「夜高あんどん祭」について、・

またそれにまつわる地域について、

はたまた商売屋の事等々・・・・・

最後に

「第一回 東日本大震災チャリティコンサート」の映像を

鑑賞してもらいました。






36546648_1028960277285414_8983288_2

36670169_1028960260618749_4519718_2



子供達は主人の話に動きに、目を見張り、耳をすまし、

それは、それは真剣に聞いてくれたそうです。

(私は傍にいなかったので後で聞きました)

 

 

後日先生からお礼と共に

子供達が主人の話を聞いてまとめた「こども新聞」が届けられました!

その新聞のまとめの上手さと言ったら!

 

Img_0326

Img_0331
Img_0328

Img_0327

新聞のお礼にと主人は

仕事の合間にコツコツ武者絵を完成させ、

小学校へ寄贈しました。

 

Img_0554

Img_0550

「正面玄関を入った所に飾ってあるよ」と聞かされ、

先日見に行って来ました。

 

廊下には、約30年前に亡き祖父(主人の父)が寄贈した

大きな武者絵も飾られており、

主人が寄贈した武者絵は、それと対峙するように置かれていました。

親子の武者絵が揃って小学校に飾られているなんて

なかなかある話ではありません。

 

Img_1038

 

「もうやめようかな・・・・」

年と共に、最近は〝らしくない弱音〝を吐くようになりましたが、

手紙から元気と勇気をもらい

「やっぱり頑張らないと!」と、笑顔。

・・・・・・・・はい、結局はそうなるのです。(笑)

 

 

今年も残すところあと僅か・・・・・

ご愛顧下さった多くの皆さま方のおかげで無事に仕事を納め、

新年を迎えられそうです。

 

2018女将の独り言」も、これにて年納めとさせて頂きます。

今年も〝女将らしくないブログ〝をお読みいただき、

誠にありがとうござました。m(__)m

 

 

よい年の瀬をお迎え下さい。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

2018 亭主奮闘記、ご報告

12月も半ばを過ぎました。Img_1023_2
ついに雪も降ってきました・・・・・。

(まだ全く雪吊りが出来ていません!(~_~;)

 

 

時節柄、毎日慌ただしく・・・・・・

あれよあれよ・・・・・と時間が過ぎてゆきます。

 

今年も主人は少しの時間を見つけては、

家の修繕を頑張りました。

遅くなりましたが記憶に残すべくアップ致します。

 




今年の仕事の多くは〝瓦屋さん〝でした!

 

4月、以前は隣家だった家の納屋。

基礎がしっかりしていた為、解体の際、

大工さんに途中で切って残してもらった後ろの家屋を増築して

車庫にしました。

Img_5332

Img_5328

Photo


瓦のやりかえを伴う修理箇所は他にも多々あり、

まずは小さなスペースのこちらから開始。

 

 

現在に至るまで手前大工であちこちリフォームしてきましたが、

さすがに瓦は未経験!

既に葺いてある瓦をめくり、仕組みから調べていました。

 

Img_0519

Img_0507

9月、長年気になっていた前の納屋の屋根の修繕に着手。

材木で足場をこしらえ、瓦を一枚ずつ取り外し、

傷みのひどい下地を新しいコンパネに取り替え、

防水シートを張り、再度瓦を葺きました。

 

「そろそろ止めたら・・・・・」

夜遅くまで作業する姿に何度そう声を掛けたことでしょう。

こちらは約1か月で終了。

Img_0576_2

 

Img_0634

Img_0705

Img_0689





もはや日曜大工の域では無い!(o)

 

続いては創業から90年以上経過し、

一度も手を入れていない母屋の外壁に取り掛かりました。

(現在進行中~一時中断)

※来春に続きを始めるようです。

長い年月の間にすっかり板が痩せてしまい、

至る所、下の土壁が見えます。

以前、隙間に鳥が巣を作ってしまい、

息子が雛の鳴き声に悩まされたコトもありました。(~_~;)

 

 

しかし、主人が何としてもやりたかった理由は

見かけだけではありません。


〝耐震なのです!〝

 

最近の大型台風や地震等の自然災害に

少しでも太刀打ちできる家にしたいと考えているようです。

 

前回の納屋同様、上へ上へと足場を作り、

古い板を取り除き、

新しい材木、金具やボルト等も使って、

ガッチリ筋交い(すじかい)を入れてゆきます。

Img_1025

Img_0877

かつては沼津高専に通い学んだ事が役立っているようで、

屋根の傾斜や微妙なアール等、

計算でパパッと数字をはじき出し、難なく仕上げてゆきます。

 

2_2

しかし・・・・・古い家屋ゆえ、

作業途中にも次から次へと新たに修繕の必要な箇所が見つかり、

前途多難・・・・・・。

完成にはまだ少し時間がかかりそうです。

 

 

本業の仕事、津沢中学校の武者絵講師、観光協会副会長、

衛生指導委員等など、沢山の役目を引き受けながら、

弱音を吐かず作業をする様子は、なかなか頼もしい。

私は私に出来る仕事に精を出しながら、

徐々に仕上がってくる様をワクワクしながら見守っています。

 

 

ご来店下さるお客様に

「あれっ、キレイになったね、素敵になりましたね」

そう言って頂ける日を夢見ながら・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)